MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

インターン生を募集しています

2016.02.22

【インターンとしてマザーハウスで働くことをご検討されている方へ】

こんにちは。
私は、マザーハウスで「ブランド・プロモーション」と「WEB」の
マネージャーをしている伊藤と申します。

ito_kun_intern_m

私は大学卒業後、米国のメーカーでマーケティングの仕事をし、
海外で3年間働いた後、2012年にマザーハウスに入社。
プロモーション、店長、WEBなど、様々な仕事をしていきました。

今回は、私のチームで一緒に働くインターン生を募集します。
インターンと言っても、仕事内容は社員と同じ、本格的な仕事です。

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念のもと、
生産から販売まですべてを自社で行っているマザーハウスは、
世界中に「リアルな現場」を持っています。

そこには、頭で考えたことだけでは一筋縄に行かない厳しさがあります。
一方で、それを乗り越えた時に得られるチームの一体感や達成感には
言葉で表しきれない嬉しさがあることを味わってきました。

私自身、学生時代はいくつかの会社でインターンをしました。
そこで「社会は甘くない」ということを体で知ったのですが、
その社会の中でも「理想」をもって働き、もがきながら前進を
している人が一番輝いているということにも気がつきました。

マザーハウスにはその「理想」と「リアルな現場」の両方があります。
その両方と日々向き合いながら、自分自身が大きく成長できる
チャレンジを、提供することができると思います。

チームスタッフ一同、ご応募をお待ちしています。

マザーハウスインターンお問い合わせ先

03-4455-7407
i_rec@mother-house.jp
担当:伊藤・小田
業務内容などはこちら

過去インターンをした方々に「インターンで学んだことは?」を聞いてみました。

otsuka
大塚ゆかり(元MDチーム所属)
私は大学休学時にMDチームで7ヶ月間のインターンを経験しました。
在庫管理や通関書類の手配など一つ一つの仕事は地味ですが、
生産者とお客様を繋げる大事な役割であり、一刻を争うスリリングさがあります。
この経験を通して、初めて自分の夢と職業が結びつきました。
その後就活を経て、物流のプロになる道を選びました。

yoshida
吉田大祐(元WEB/ADチーム所属)
マザーハウスで学んだのは、”想いを形にすること”の難しさと、
それを実現させるための具体的な手法です。
副社長からは「なぜそれをマザーハウスでやるのか、どうやって実現するのか」を常に問われ、
自分の内面にある根元的な想いを明らかにされました。
そしてこの学びは、現在の職場においても、あらゆる課題解決の場面で活きています。

terai
寺井良(元マーケティングチーム所属)
最初はものづくりをする企業ならではの専門用語に始まり、
ベンチャーならではの仕事、ダンボールの解体、配送、検品、
日々のルーテーィーンなどで手がいっぱいになり、
「途上国ビジネスに携わる。」というよりは
「働くとは。」の基礎を徹底的に教わりました。

しかし、そんな日々の泥臭い仕事の中でも、
「お客様は」「工場のみんなが」という言葉を聞かない日はなく、
誰のために、何のために、を徹底的に考える姿勢、
そしてそれがビジョンに繋がっていることを身を以て教わりました。

その姿勢を現所属する組織でも忘れないのは、
それに全力で取り組むマザーハウスで学べたからだと思います。

nakayama
中山悠美(元マーケティングチーム所属)
幅広い業務に携わらせてもらったインターンの実務の中には、
「途上国に貢献している」という実感が得づらいものもありました。
しかし、その中でどのような姿勢で仕事に取り組んでいき、
仕事を通して表現していくかを考えたときに必要だったのは、
持続的な想像力と集中力でした。

インターンを通じて学んだこの2つは、どこで働くにしても
自分の仕事を充実させるために重要な要素だったと思います。

uemura
上村悠己(元MDチーム所属)
他業種で社会人を12年経験したのち、
マザーハウスで4か月間インターンをさせていただきました。
小売りという業態は初めてだったので、一つの商品をお客様に届けるために、
これだけの努力がなされているのか。と本当にびっくりしました。

とにかく各チームの社員さんたちが全力を尽くして働いていたのが印象深いです。
「モノ」の背景にある「ヒト」に思いをめぐらす
想像力をもてたことが財産だと感じています。

noguchi
野口英里子(元マーケティングチーム所属)
バッグやイベントひとつひとつが「お客様」の手元に届くまでに経るプロセスや
惜しみない配慮・手間を日々この目で見て、体験することで、
働くことの大変さや一方にある面白さを知ることができました。

就活を目前にして、働くことの本質や意義を知りたいと思いこの機会に挑戦しましたが、
最終的に自分なりの答えを出し、納得して次のステップへ一歩踏み出せたことが
一番の収穫でした。

それができたのも、生産から販売まで一手に担い、様々な事業を展開し、
「インターン」でありながら社員と同様にそれらの事業に関わらせる
マザーハウスのインターンだからこそだと考えています。

募集要項

業務内容
・マーケティングや販売促進の企画・実行。
・自社ウェブサイトの運営のサポート

求められる人材
・マザーハウスの理念や事業に関心があること
・成長への強い意欲を持っていること
・与えられた仕事に責任感を持って取り組めること
・チームで何かを成し遂げるのが好きなこと

勤務地
台東区台東

給与
別途お問い合わせください

その他の条件
最低3ヶ月間
平日(月曜日から金曜日まで)週4日以上(原則9:00~18:00)勤務可能な方
(ただし週3日も相談可)

応募先
i_rec@mother-house.jp にインターンご希望の旨をご連絡ください。

※応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

中途採用情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram