MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

修理・回収・ケアキャンペーンに込めたメッセージ

2020.05.15

こんにちは。マザーハウス代表の山口絵理子です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
緊急事態宣言が解除された地域もあり、
マザーハウスのいくつかのお店でも営業を再開しましたが、
まだまだ我慢の時期が続きますね。

この状況に入り、ブランドとしてどのような進化、深化をすべきか、
さまざまな方向で議論してきた中で
今日は、新しく始まるサービスをご紹介させてください。

私たちは「モノを大事に作っている」からこそ、
「モノの人生」というのものに、深く向き合いたいと考えました。

そこで、『修理・回収・ケア』の3つのサービスに
新しい価値を吹き込んでスタートを切りたいと思います。

『修理』では、最短15分でお見積りがわかるオンライン診断を実施し、
今まで早くても3週間かかっていた修理を、よりスピーディーに。

『回収』では、ご使用されなくなったレザーバッグを
私たちが責任をもって回収し、その感謝の気持ちをこめて、
ソーシャルポイントとして、還元いたします。
そして、回収したレザーを再利用することで、
今後、新たなプロダクトとして発売する予定です。

この『修理』と『回収』のサービスについては、
5月中は送料無料で受付させていただき、
日本の信頼できる修理工房のパートナーと協力しながら
今後、サービスを拡充させていきたいと思います。

『ケア』についても、メンテナンス方法をご紹介する動画を配信したり、
オンライン上でお客さまと一緒にケアをするイベントを開催します。

「モノを大事に」「つくり手の責任」がさらに問われる新しい時代に
私たちは、つくるだけに終わらず、商品の人生に責任を持ち、
お客さまと商品の思い出が、本当に最後まで愛情深くあることを願い、
この事業に力を入れることを決めました。

5月においては、まだまだ外出自粛期間が続く地域もあると思います。
この機会に、メンテナンスやクローゼットの整理をしていただき、
晴れやかな気持ちで、新しい一歩を踏み出していただけるよう、
心を込めてサービスに取り組みます。

これからも引き続き、よりよい社会に対してできるブランド、
製造小売業の役割を考え続け、前進していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

山口絵理子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram