MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

女性のお仕事バッグをつくろう

2015.10.08

こんにちは、WEB/ADチームの神村です。

2013年のこと、社会人大学に通いながら
お仕事を頑張る女性のみなさんと一緒に
新しいバッグづくりが始まりました。
「お仕事用のバッグを一緒に作ってもらえませんか?」
そんなお声がけをいただのが始まりでした。

ただ、その時、本当のことを言うと僕は
「どんなバッグを作ったらいいんだろう??」と、
ちょっと困ってしまいました。

というのも、僕は
「女性用のビジネスバッグって、男の自分から見ても
バリエーションがたくさんあって羨ましいな。」
と思っていました。

だから、女性用のビジネスバッグづくりって、
「ただ他とは違う見た目のレザーバッグを作ること」
と考えていたんです。
 
 
 

実はなかった、PCやお化粧ポーチも入る
大容量で女性的なビジネスバッグ。

そんなことを思いながら、興味半分、不安半分で
働く女性のみなさんとの座談会を迎えました。
とある休日の朝、本店のオープン前に普段お使いのバッグを持って
みなさんに集まっていただきました。

結構みなさん大きなバッグをお持ちで、
中には2つのバッグをお持ちの方も。

DSC_3446

早速みなさんにお話を聞いてみました。
すると、
「パソコンも書類も入れて、男性にはない化粧品も入れるとバッグはパンパン。」
「会社の後に行く学校の教科書が納まらない。。」
「パソコン用のスペースがあるバッグを選ぶと、男性的なものばかり」
見た目の話だけかなと思っていたら、機能の話がたっぷり!

DSC_3466

特にびっくりしたのはサイズのお話。
マザーハウスの今あるバッグを見ていただきながら
「大きさはどれくらいでしょう?」とお聞きしました。

「これだとちょっと小さいかなぁ」
「あっちのあれは?」
「中身入れ換えてみようか。ゴソゴソ…」
「あ、これいいんじゃない!!」

DSC_4754

と言ってみなさんが選んだバッグ。
それを見てスタッフ一同ビックリしてしまいました。
みなさんが選んだのはアンティークボストンというバッグ。
「それですか!それ旅行用です!!」
というスタッフの一言に、全員笑ってしまいました。

ただ、その後のみなさんの一言にとても納得したのでした。
「確かにこれにぴったりの量は入れないけれど、
容量がぴったりのバッグに荷物を入れて、
パンパンでバッグの側面が凸凹するのはみっともないんです。」
確かに!
「女性用=小振りなバッグ」をイメージしがちな作り手側としては
これくらいのサイズのものもOKなんだ!という
かなり思い切った判断ができるご意見をいただいた瞬間です。

この他にも「お仕事を頑張る・女性」ならではの
細かなリクエストをたくさんいただくことができました。
これは面白いバッグができそうです!

さてさて、どんなご意見が集まったのか。
みなさんにも「そうそう!それそれ!」とうなずいていただける?
お声をご紹介していきます。

DSC_3434
 
 
 

「バッグの口は普段閉じないけれど、
電車の中では恥ずかしいし、心配だから口を閉じたい」
あーなるほど!なリクエストの数々。

みなさんも「そうそう!」と思うご意見ばかり?かもしれません。
一気にご紹介します。

取っ手
・冬にコートを着ても肩にかけやすい長さ
・中身が重いので取っ手は痛くないように

容量
・パソコンがすっぽり収まる専用スペースが欲しい
・A4書類が曲がらないような余裕のあるサイズ

大きさ
・たくさん入るけれど電車内などのために横幅は大きくなりすぎないように

マチ
・マチは広く、中に詰めたもののシルエットが表に出ないようにゆとりあるサイズ
・バッグの口は普段オープン。けれど電車内では隠したい

ポケット
・携帯電話を2つ収納できるようにしたい
・ものが見つからない、見失ってしまう
・PC周辺機器をまとめて入れたい

汚れ
・使用頻度が高いので、裏地が汚れやすい

外観
・社内だけではなくてお客さん先でも失礼がないようにしたい

お仕事をされる方が共通で感じるポイントや
女性ならでは、といったご意見までいろんなご希望をいただきました。

いただいたたくさんの声を元に、
女性のためのお仕事バッグが完成しました!

バッグの詳細はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram