MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
イベント終了しました

【東京・学生向けトークイベント】途上国で社会性とビジネスを両立する第三の道とは?

fb_191129_yamazaki_bana (1)

12/20(金)に東京・秋葉原にて、
特別版・学生向けトークイベントを開催します。

副社長・山崎大祐がメインスピーカーとして登壇し、
バングラデシュのマトリゴール工場長・マムンや、
生産の現場で日々奮闘している統括責任者を
スペシャルゲストに迎え、トークセッションをおこないます。

テーマは、「途上国で社会性とビジネスを両立する第三の道とは?」

マザーハウスは、この14年間、
「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念のもと、
その国の魅力ある素材や職人の技術を活かしたモノづくりで、
途上国の可能性を形にしてきました。

このプロセスを一緒に歩んできたメンバーとともに、
マザーハウスのストーリーをお伝えしていきます。

創業ストーリーを知りたい人や、
途上国とつながる仕事にご興味がある方は、ぜひご参加ください。

なお、トークイベント終了後は、
2021年新卒採用説明会も同時に開催いたしますので、
興味ある方はぜひこちらもご参加ください。

イベント概要

日時:12/20(金)18:30-19:45(18:15開場)
場所:AP秋葉原
※トークイベント終了後、20:00-21:15の間で2021年新卒採用説明会も開催します。

申込方法

下記フォームにて、お申込みください。
お申し込みはこちら

※事前申込制。席に限りがあるため、満席になり次第、受付を終了いたします。
※応募締切は、開催前日の18時までとなります。

山崎大祐 プロフィール

1980年東京生まれ。高校時代は物理学者を目指していたが、幼少期の記者への夢を捨てられず、慶應義塾大学総合政策学部に進学。大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、途上国の貧困・開発問題に興味を持ち始める。
2003年3月大学卒業後、ゴールドマンサックス証券でエコノミストとして日本及びアジア経済の分析・調査・研究や各投資家への金融商品の提案を行う。
2006年、山口絵理子と共に「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念とする株式会社マザーハウスを立ち上げ、2007年から取締役副社長として、本格的に経営に参画する。
2019年3月より、同社代表取締役副社長に。年間の半分は途上国を中心に海外を飛び回り、マーケティング・生産両サイドを管理している。

有料イベントにつきましては、チケットご購入後のキャンセルに伴うご返金はできかねます。
あらかじめご了承くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月 20(金)

18:30-19:45 AP秋葉原 無料

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram