MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
イベント終了しました

【マザーハウスカレッジ特別対談】銀座の中心で考える! 未来の小売のあり方

イベント詳細

「Warm Heart, Cool Head (熱い情熱と冷静な思考)」を
コンセプトに、さまざまなゲストと対談を行うマザーハウスカレッジ。

今回は、サンクスイベント特別対談として、
株式会社松屋 取締役 常務執行役員 古屋毅彦氏をゲストにお迎えし、
副社長・山崎と「小売の未来」をテーマに議論します。

日本の消費の中心である銀座で100年近く百貨店を営んできた松屋は、
激変する環境に対して今の小売が進むべき道をどう考えているのか?

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」
という理念を掲げるマザーハウスが目指す理想の小売とは?
異なる2つの視点から、未来の小売のあり方について考えます。
みなさんのご参加をお待ちしています。
マザーハウスカレッジについてはこちらから

<古屋毅彦氏 プロフィール>
昭和48年生まれ。学習院大学法学部政治学科卒業。
株式会社東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)にて
主に中小企業や外資系企業取引の営業を担当。
株式会社松屋に入社後、販売促進、MD戦略など幅広く業務を担当。
全銀座会参加の次世代若手経営者の会「銀実会」の活動を通じ、銀座と深く関わっている。
米国コロンビア大学国際関係・公共政策大学院(SIPA) 国際関係学修士(MIA)。

開催概要

日時
9月22日(土)13:15~14:45(受付開始12:45)

会場
紙パルプ会館 2F フェニックスホール(MAP

参加費
通常販売:3,000円
グループ割引:2,000円 ※2枚以上のご購入
学割販売:1,000円

お申込み方法

以降のお申込みに関しては、
紙パルプ会館2階の当日受け付けにてご購入をお願いいたします。
※満席になり次第、当日の販売も終了させていただきますのでご了承くださいませ。

※本イベントにお申込みいただいた方を対象に、
臨時キッズスペースをご用意しております。
ご利用をご希望の方は、こちらのページをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9月 22(土)

13:15~14:45
(受付開始12:45)
紙パルプ会館 2F
フェニックスホール
通常販売:3,000円
グループ割引:2,000円
学割販売:1,000円

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram