MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
イベント終了しました

逆境を乗り越える情熱と冷静 ~元サッカー日本代表 北澤豪さん~

fb_180208_MHC_banna (3)

2018年も「Warm Heart, Cool Head(熱い情熱と冷静な思考)」を
体現するようなゲストをどんどん呼んでいきますマザーハウスカレッジ。

2018年初の外部ゲストに、元サッカー日本代表で、現在、日本サッカー協会理事、
そして日本障がい者サッカー連盟会長を務める北澤豪さんが登場します。

北澤さんといえば、Jリーグ発足前後の日本サッカーを支える活躍をされた一方で、
ドーハの悲劇や、日本代表初出場となったワールドカップフランス大会の代表を
直前で外されてしまう苦難を味わっている名プレイヤーです。

プレイヤーを引退後は、カンボジアをはじめとした途上国でのサッカーの普及活動や
東京パラリンピックでも注目されるブラインドサッカーを含む
日本障がい者サッカー連盟の会長を務めるなど、
社会的ミッションに基づいて多岐に亘るアクションを実践しています。

北澤さん自身の人生経験が今のアクションにどうつながっているのか?
そしてサッカーを通じて考えているマイノリティの可能性と
社会に伝えたいメッセージは何か?

人気のカレッジになること間違いなしの回。
ご検討されている方はぜひお早めにお申し込みください。

開催概要

日時 :2/28(水)20:00-22:00(開場19:45~)
場所 :マザーハウス本店
最寄駅:JR 秋葉原駅(本店の場所はこちら
参加費:3,000円(学割:1,000円)

お申し込みは、こちらからお願いします。

こんな人におすすめ

・障がい者スポーツに興味がある。
・プレイヤーからマネジメントへのキャリアシフトについて考えたい。
・スポーツビジネスの未来を議論したい。

主な構成

第1部 人生曲線パート
北澤豪さんの人生曲線で、北澤さんの人生を追体験します。

第2部 北澤豪さんの冷静と情熱
カレッジ主宰の山崎大祐が、北澤豪さんと対談形式で
スポーツ×マイノリティの可能性やスポーツビジネスの未来について議論します。

第3部 お客さまとの対話
ご参加されている皆さまから質問をお受けしながら、今までの議論を深堀していきます。

北澤豪氏プロフィール

中学時代は読売サッカークラブ・ジュニアユースに所属。修徳高校卒業後、本田技研工業株式会社に入社。
海外へのサッカー留学・日本代表初選出を経て、読売クラブ(現 東京ヴェルディ)で活躍(J1リーグ通算264試合)。日本代表としても多数の国際試合で活躍した(日本代表国際Aマッチ 59試合)。03年現役を引退。現在は、日本テレビ系「NEWS ZERO」「シューイチ」にレギュラー出演中。人気ゲームソフト、コナミ「ウィニングイレブン」シリーズの解説も務める。
また、社会貢献活動にも積極的に取り組み、サッカーを通じて世界の子ども達を支援できる環境作りを目指している。
(公財)日本サッカー協会理事、(公財)日本サッカー協会 フットサル・ビーチサッカー委員長、
(一社)日本障がい者サッカー連盟会長、JICAオフィシャルサポーターとしてのさらなる発展・普及に向けての活動を定期的に行っている。

著書に「サッカーが子どものこころを育てる」
実業之日本社「親子で上手くなろう 北澤豪の『サッカーの教え方』教えます」 小学館 
「父親というポジション」 中央公論新社 がある。

山崎 大祐プロフィール

1980年東京生まれ。慶應義塾大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、途上国の貧困・開発問題に興味を持ち始める。03年3月大学卒業後、ゴールドマン・サックス証券にエコノミストとして入社。創業前から関わってきた株式会社マザーハウスの経営への参画を決意し、2007年7月に取締役副社長に就任。株式会社マザーハウスは、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念の下、途上国にある素材や人材の可能性に光を当てたモノ作りを行う企業。2017年9月現在、バングラデシュやネパール、インドネシア、スリランカでバッグやジュエリー等の工場・工房を運営、日本、香港、台湾で28店舗の直営店を展開中。副社長として、マーケティング・生産両サイドを管理。年間の半分は途上国を中心に海外を飛び回っている。

マザーハウスカレッジとは?

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」の理念のもと、バングラデシュやインドネシアなどでバッグやジュエリーを生産し、日本や香港・台湾で33店舗を展開するマザーハウスが「熱い思いと冷静な思考」を持って社会の未来像をお客様と共に作る新しい議論の場。過去70回以上開催され、延べ4,000人を超えるお客様にご参加頂いています。
詳しくはこちら

スピーカー
  • KITAZAWA2

    北澤豪 日本サッカー協会理事
    日本障がい者サッカー連盟会長

  • yamazaki-1-2

    山崎大祐 マザーハウス副社長
    マザーハウスカレッジ主宰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2月 28(水)

20:00 - 22:00 マザーハウス本店 3,000円(学割:1,000円)

スピーカー

KITAZAWA2 yamazaki-1-2

北澤豪 氏 / 山崎大祐

こんな方に
おすすめ

  • 障がい者スポーツに興味がある。
  • プレイヤーからマネジメントへのキャリアシフトについて考えたい。
  • スポーツビジネスの未来を議論したい。

マザーハウスカレッジ
Twitter

Twitter @MH_COLLEGE

MHCプレジデント山崎大祐の感想、ゲストスピーカーの一言、マザーハウスカレッジイベント情報をUPしていきます。

マザーハウスカレッジ
参加者限定Facebook

MHC member only

マザーハウスカレッジ参加者限定のスペシャルコンテンツをお届けいたします。

マザーハウスカレッジ

「Warm Heart, Cool Head (熱い情熱と冷静な思考)」 この2つを両立しながら社会を変革していくために、挑戦を続けている方々をゲストに招き、対談を通じて現在の挑戦につながるきっかけや、結果にを生み出すための戦略・思考に迫っていきます。 イベント一覧をみる

まなぶの最新イベント

学びが自分の力になる「きっかけ」を

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram