MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
参加者募集中

【カレッジ特別編/東京・大手町】日本、そして日本人の未来予想図~次代のリーダーの在り方~

fb_171012_MHC_ban

イベント概要

過去にマザーハウスカレッジにご登壇頂き、
独自の視点と切れ味鋭い議論で、大反響を呼んだ二人のゲスト。

日本経済から観光・文化政策まで幅広い見地で鋭いオピニオンを展開する
(株)小西美術工藝社 代表取締役社長 デービッド・アトキンソンさんと
日本を代表するWEB経済メディアであるNEWSPICKSで
編集長を務める佐々木紀彦さん。
マザーハウスカレッジ主宰の山崎大祐も交えた3人の対談が、
NEWSPICKSとの共同開催のカレッジで実現します!

テーマは、日本、そして日本人の生き残る道。

デービッド・アトキンソンさんの「世界一訪れたい日本のつくりかた」。
そして佐々木紀彦さんの「日本3.0」。
共に近著で、日本の生き残る道について、提言をしている2人。
共に明確な視点を持っているだけに、
エキサイティングな議論になること必至です。

そして、会場の皆さんとも、日本の未来予想図を描き、
その予想図の中で活躍するリーダーになるために必要なことも
議論したいと考えています。

皆さまのご参加、お待ちしております。

デービッド・アトキンソン氏 プロフィール

株式会社小西美術工藝社 代表取締役社長。奈良県立大学客員教授。三田証券社外取締役。元ゴールドマン・サックス金融調査室長。

1965年イギリス生まれ。オックスフォード大学(日本学専攻)卒業後、大手コンサルタント会社や証券会社を経て、
1992年ゴールドマン・サックス証券会社入社。大手銀行の不良債権問題をいち早く指摘し、再編の契機となった。
同社取締役を経てパートナー(共同出資者)となるが、2007年退社。
同社での活動中、1999年に裏千家に入門し、2006年に茶名「宗真(そうしん)」を拝受。
2009年に創立300年余りの国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社入社、取締役に就任。
2011年代表取締役会長兼社長、2014年に代表取締役社長に就任し現在に至る。
2016年 財界「経営者賞」 受賞。

著書は『新・観光立国論』(山本七平賞、不動産協会賞、東洋経済新報社)、『新・所得倍増論』(東洋経済新報社)など多数。
政府への提言を続ける一方、各地の観光振興のため奔走し、2015年から対外経済政策研究会委員、京都国際観光大使、明日の日本を支える観光ビジョン構想会議委員、2016年から東京の観光振興を考える有識者会議メンバー、行政改革会議歳出改革ワーキンググループ構成員、迎賓館(迎賓館赤坂離宮・京都迎賓館)アドバイザー、二条城特別顧問、日光市政策専門委員などを務めている。

佐々木 紀彦氏 プロフィール

NewsPicks編集長
1979年福岡県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2012年11月、「東洋経済オンライン」編集長に就任。リニューアルから4カ月で同サイトをビジネス誌系サイトNo.1に導く。2014年7月から現職。著書に『米国製エリートは本当にすごいのか?』『5年後、メディアは稼げるか』がある。

山崎 大祐 プロフィール

1980年東京生まれ。慶應義塾大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、
途上国の貧困・開発問題に興味を持ち始める。
03年3月大学卒業後、ゴールドマン・サックス証券にエコノミストとして入社。
創業前から関わってきた株式会社マザーハウスの経営への参画を決意し、
2007年7月に取締役副社長に就任。
株式会社マザーハウスは、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念の下、
途上国にある素材や人材の可能性に光を当てたモノ作りを行う企業。
2016年12月現在、バングラデシュやネパール、インドネシア、スリランカでバッグやジュエリー等の工場・工房を運営、
日本、香港、台湾で28店舗の直営店を展開中。副社長として、
マーケティング・生産両サイドを管理。
年間の半分は途上国を中心に海外を飛び回っている。

マザーハウスカレッジとは?

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」の理念のもと、バングラデシュやインドネシアなどでバッグやジュエリーを生産し、日本や香港・台湾で30店舗展開するマザーハウスが「熱い思いと冷静な思考」を持って社会の未来像をお客様と共に作る新しい議論の場。過去70回以上開催され、延べ3,000人を超えるお客様にご参加頂いています。
詳しくはこちら

スピーカー
  • mhc2

    デービッド・アトキンソン氏 株式会社小西美術工藝社
    代表取締役社長

  • mhc1

    佐々木 紀彦氏 NewsPicks編集長

  • yamazaki-1-1

    山崎 大祐 マザーハウス副社長
    マザーハウスカレッジ主宰

会場

Global Business Hub TOKYO

東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F
チケット代金

3,000円(学割:2,000円)

※学割料金で購入した方は当日学生証をお持ちください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月 24(金)

19:00-21:00 Global Business Hub TOKYO(大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F) 3,000円(学割:2,000円)

スピーカー

mhc2 mhc1 yamazaki-1-1

マザーハウスカレッジ
Twitter

Twitter @MH_COLLEGE

MHCプレジデント山崎大祐の感想、ゲストスピーカーの一言、マザーハウスカレッジイベント情報をUPしていきます。

マザーハウスカレッジ
参加者限定Facebook

MHC member only

マザーハウスカレッジ参加者限定のスペシャルコンテンツをお届けいたします。

マザーハウスカレッジ

「Warm Heart, Cool Head (熱い情熱と冷静な思考)」 この2つを両立しながら社会を変革していくために、挑戦を続けている方々をゲストに招き、対談を通じて現在の挑戦につながるきっかけや、結果にを生み出すための戦略・思考に迫っていきます。 イベント一覧をみる

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram