MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
新人ネパール担当牛留の自然生まれのものづくりと毎日の暮らし

2018年夏からネパールを担当する牛留早亜彩。
新卒でマザーハウスに入社してからネパール担当になるまでの道のりや、現地での新しい出会い・悪戦苦闘の日々をお届けします。座右の銘は「明日やろうはばかやろう」。

コラム一覧をみる
第4回 新人ネパール担当牛留の自然生まれのものづくりと毎日の暮らし

サリナが日本にやってきた!

2018.11.30

ナマステ!
ネパール担当の牛留です。

とてもご無沙汰になってしまったのですが、
この3ヶ月間何をしていたかといいますと…

11/16オープンいたしました
ファブリックマザーハウス池袋東武店の
オープン準備をしておりました…!

お店にすでに来てくださったみなさま
本当にありがとうございます。

実はネパール担当になる前に、
池袋東武店の店長を務めさせていただいておりまして、
ご縁あって、再度池袋のお店で、
自分も生産を担当しているファブリックのお店を
オープンさせていただくことになりました。

お店についてもご報告させていただきたいことがたくさんなのですが、
実は今、もっとみなさまにお伝えさせていただきたいことが…

な、なんと。
ネパールの生産・品質管理を私と一緒に行ってくれているサリナが
2年ぶりに日本にやってきました!

サリナが前回日本にやってきたのは、2016年の10周年イベントのとき。

それからお店の数は2倍近くになり、
昨年には、はなれ本店(現在のファブリックマザーハウス本店)がオープン、
今年の9月にはファブリックマザーハウスというブランドも立ち上がりました。

本当にいつも応援してくださっているみなさまのおかげ様なのですが、
同時に、生産量・商品数共に増えたネパールを、
一手に引き受けてくれたサリナがいなければ
ここまでの成長や、先日オープンした池袋店も存在しなかっただろうなと思います。

今回の滞在は、2年前から大きく変わった日本の現状を知ってもらうこと、
また、サリナ自身から、スタッフのみんなにネパールのことを伝えてもらうことを目的としています。

昨日サリナと一緒にマザーハウスのお店を回っていたのですが
自分たちのつくったストールやニットをより
たくさんのお客様に届けてほしい!と
スタッフ1人1人にネパールの生産環境や
1本1本のストールの生産背景を一生懸命説明してくれていたサリナ。
1AB6BAC1-2CC7-4C42-8442-CF6BF531AE61

547A4E8A-E66E-428A-B92C-1B05853CB6D9

せっかくだから、サリナ自身からお客様にお伝えする場を作りたい!
とのことで、急遽ですが
12/1(土)と12/2(日)の2日間、
ファブリックマザーハウス本店・池袋店でみなさまをお迎えすることとなりました!

予約などは不要です。
通訳として、私も同席しますので
ぜひお気軽にいらっしゃってくださいね。

【サリナ店頭立ち日程】
12月1日 15:00-17:00
ファブリックマザーハウス池袋東武店
12月2日 13:00-15:00
ファブリックマザーハウス本店

それでは、みなさま素敵な週末をお過ごしください。
サリナと一緒にお会いできること、楽しみにお待ちしております。

メッセージを送る