MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
新人ネパール担当牛留の自然生まれのものづくりと毎日の暮らし

2018年夏からネパールを担当する牛留早亜彩。
新卒でマザーハウスに入社してからネパール担当になるまでの道のりや、現地での新しい出会い・悪戦苦闘の日々をお届けします。座右の銘は「明日やろうはばかやろう」。

コラム一覧をみる
第3回 新人ネパール担当牛留の自然生まれのものづくりと毎日の暮らし

一歩一歩

2018.09.07

こんにちは。
すっかりお久し振りになってしまいましたが
この3週間は怒涛の出荷ラッシュで、サリナ・ニシャと検品三昧でした。

実は本当に2時間前になんとかYeti工場からの出荷を終え、
サリナ達とゆっくりお昼を食べていたところです…
(とはいえども、また日曜日にシルクグラデなどを作ってくれているGuru工場から、
月曜に再びYeti工場とあと1週間くらいは続きます…涙)

今年初めての私はもちろんなのですが、
大先輩のサリナさえも目を丸くするこの出荷量。
本当にみなさまのお支え合ってだなあと実感しています。

まだまだ今年の出荷は続きますが
今年すでに「最も大変だった!」と言い切れるのは、本日発売のカシミアセーターです。
スクリーンショット 2018-09-07 17.55.45

昨年から始まったセーターですが、
今年は新しく薄手のものが加わり、色味もすこしこっくりとした秋らしいカラーで展開しています。
sweater_02
(私はネイビーが、他にはなかなかない発色で大好きです。
みなさんは何色が気になりますか〜?)

セーターの生産って何が特に大変かといいますと。
(勝手な)個人的な見解としては
⑴リンキング
⑵検品
の2つです。

日本ではほぼいなくなってしまったそうなのですが、
ネパールではリンキングというニット特有のセーターなどの継ぎ目をつなぐ
技術をもつ職人さんがまだいて、
Yeti工場ではそのリンキングを行ってセーターを仕上げています。

IMG_0919

とっても細いのですが、つなぎ目を、手で一目一目セッティングをして、縫い付けていくという
気の遠くなりそうな作業です…
(職人さんの目が飛び出そう…)

IMG_0930
ちなみにこのリンキングの目は、糸の細さによって違って、
薄手セーターの2/48番手の細さはこちらです…細い…

そして、その継ぎ目が問題なく繋がっているかを全て確認をするのが
私とサリナの仕事です…汗

実はサリナは、マザーハウスに入る前に、ニッティングの工場で働いていたので、ここでも私の大先輩。
ただ、そのサリナでも、やっぱりこの作業は気が遠くなるようで…
二人でずっとネバーエンディングだと言っていました。

IMG_1199
そんな私たちを見かねてか、Yetiのラムさんが
マザーハウス専用の検品スペースを作ってくれました!
「他の商品と混ざらないし、他に人がこないから集中できるでしょ?」
と自慢げなラムさん。

でも実際は、検品リーダーのスニータが15分に1度見に来て、
ネパール語でマシンガントークし始めたり
普段あんまり話しかけてこないアイロンマンが、
いつもよりすごくこまめにアイロンをかけたストールを持ってきたり…
見えない分気になるんですね…笑

でも、こうやってみんなが話しかけてくれたり
(ネパール語なので3割くらいしかまだわからないけど)、
お昼に連れ出してくれたりして
(お昼ご飯10:30で早すぎるけど)
毎日検品は大変だけど、工場にいくのが楽しみになったのは
検品が始まって、検品ルームで過ごす時間が増えたからだなあとしみじみ。
まだまだひよっこですが、一歩一歩頑張っていこうと思えたセーター検品の日々なのでした。

…でもしばらくセーターは見たくない!!!笑

関連するページや商品

メッセージを送る