MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ストールの巻き方”いろは”

巻いたり羽織ったり、一枚でさまざまな楽しみ方があるストール。
マザーハウスのスタッフが、簡単ですぐにできる巻き方をご紹介します。

コラム一覧をみる
第16回 ストールの巻き方”いろは”

一足先に、春の色を取りいれてみませんか?

2018.02.12

みなさま、こんにちは。

はなれ店の米田です。

2018年が始まって早くも1か月が過ぎ、
暦の上でも春が始まりましたが
いかがお過ごしでしょうか。

先週はあたたかい冬の素材と巻き方のご紹介をさせていただきましたが、
今週は一足先に春の色を取り入れるのにぴったりな巻き方を、
新色とともにお届けします!

今週ご紹介するのははミラノ巻き。
先週も登場しましたが、
ミラノ巻きは首元をしっかりとあたためることのできる巻き方なので、
春の薄手ストールとの相性もばっちり!

今回は春色のIcho Pale Stoleと共にご紹介します。
まずはストールをゆるめに一周巻きます。
s_IMG_0206[1]
この時、首元にゆとりをもたせてあげるのがポイントです。

次に、輪の下側になっている方を
輪の内側に少し引っ張り出します。
s_IMG_0211[1]

引っぱりだして、できた輪っかに
もう片方を通します。
s_IMG_0212[1]

通したストールをたるみがなくなるまで引っ張ります。
s_IMG_0215[1]
この時、両端が同じ長さになるように調節してあげると
綺麗に見えますよ!

ちなみにこのミラノ巻き、
色が交差している部分をコートの襟もとから出してあげると
s_IMG_0217[1]
このように、
冬の装いの中に春の色を取り入れることができます。

素材もウールとカシミアが入っているので、
今の時期は防寒に、
夏は冷房除けなどにも使っていただけますよ。

去年の色に加え、今年は新しい色も仲間入りしたIcho Pale Stole。
s_IMG_0193[1]-2

是非店頭で、手にとって、巻いてみてくださいね。

関連するページや商品

メッセージを送る