MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ストールの巻き方”いろは”

巻いたり羽織ったり、一枚でさまざまな楽しみ方があるストール。
マザーハウスのスタッフが、簡単ですぐにできる巻き方をご紹介します。

コラム一覧をみる
第6回 ストールの巻き方”いろは”

首元から春を楽しみませんか

2017.02.21
okamoto_k

WRITTEN BY

岡本 佳奈子 梅田蔦屋書店

みなさま、こんにちは。
梅田蔦屋書店の岡本です。

2月ももうすぐ終わりますね。
梅の花や早い所では桜の花も咲いていたりと、徐々に春にむかっているのが感じられますね。
マザーハウスのストールも色鮮やかなものが増えたり、素材も変化したりと
徐々に春を迎える準備が始まっています。

お店でお客様とお話しをしていると
「冬は寒いからマフラー、ストールを巻いたりする機会が多いけれど、
暖かくなってくると、あまり巻かなくなるのよね…」
と、春夏の気候・お洋服に合わせた巻き方がわからない・・・!というお声をいただきます。

そこで今回は、春らしいお洋服とこれからの季節に活躍してくれる
リネンの春物ストールの巻き方をご紹介しようと思います。

第4回にも登場したねじり巻きですが、
今回は応用編、スッキリ見えるねじり巻きです。

今回チャレンジしてくれたのは、普段からお店でおしゃれにストールを巻いている
谷中店店長の水上です。

スッキリしたねじり巻き

DSC_0027

まず、ストールの長さを半分に折り、首にかけます。
この時に輪の方が少し短くなるようにしてくださいね。

DSC_0030

輪の方にストールの端を通します。

DSC_0033

そして、輪に通して出したストールの先2本を
それぞれ1本ずつ首元の輪にねじねじ巻きつけていくと…

DSC_0039

完成です!

首元も開いてスッキリ見えますね。
首元のボリュームを抑えられるので、これから暖かくなっても使える巻き方です♪
シャツに合わせる場合は、襟の内側で巻くと印象が変わるので、ぜひお試しください。

冬場の厚手のストールよりも、これからのシーズンに活躍する薄手のストールの方が
巻きやすいのでオススメです!

季節が変わるとストールの厚みも変わってくるので、
そのストールにあった巻き方を楽しむのもいいですね。

店頭にも少しずつ春ストールが増えているので、
ぜひご覧にお店に遊びにいらっしゃってくださいね♪

関連するページや商品

メッセージを送る