MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第156回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

音色豊かな言語に、やみつきスイーツCheを堪能できる街 ハノイ(ベトナム)

2020.08.18
顔写真_池田真に

WRITTEN BY

池田真に ラシック福岡天神店

こんにちは!マザーハウス ラシック福岡天神店の池田です。

入社してから約2年半を過ごした横浜元町を離れ、今春、福岡に移ってまいりました。
豊かな自然、おいしい食べ物にあふれ、日々、生きる喜びをかみしめております。

さて、福岡の魅力はまた別の機会にお話させていただくとして
今回ご紹介するのは、学生時代に訪れ魅了されたベトナム・ハノイです!

〇ラジオ前編

〇ラジオ後編

Apple Podcastsで聴く
Google Podcastsで聴く
Spotifyで聴く
→お便りはこちら

この街のおすすめポイント

1.まるで音楽のような音色の、ベトナム語
2.カフェに雑貨、街歩きにぴったりの魅力的な街並み
3.とにかく安くて、とってもおいしい、Che!

おすすめポイント1
まるで音楽のような音色の、ベトナム語

ベトナム語には6つの声調があるのですが、
実はこれが私がベトナムに行ってみたい!と思った最初の理由でした。

ベトナム語の表記は、アルファベットに記号がついたもの。
それがまるで楽譜のように見えて、
実際に話してみたいなあと思ったのでした。

音があがったり、下がったり、口を膨らませたり、閉じたり、
実際に話してみると頭と体(主に口)が付いていかず驚きます!
ぜひチャレンジしてみてください!
thử đi !(おためしあれ!)

おすすめポイント2
カフェに雑貨、街歩きにぴったりの魅力的な街並み

旅行の醍醐味は、その国の文化に触れられる街歩きですよね!

ベトナムの首都、ハノイは19世紀までベトナム王朝の首都でした。
現在でも、当時の路地や建物が残っており実際に見ることができます。
「旧市街エリア」では、そんな景色にグルメ、雑貨めぐりを楽しめます。
ハノイ①

旧市街をしばらく歩いていると、ハノイ大教会が目の前に広がります。
ハノイ②
こちらの、セント・ジョセフ教会は、
パリのノートルダム大聖堂をモデルに
100年以上前に建築された歴史ある教会です。

外観も厳かな雰囲気が素晴らしいのですが、
教会内の大きなステンドグラスは息をのむ美しさでした。
ハノイ③

歴史ある建造物を見ることもできるほか、
旧市街エリアではグルメも充実!
ハノイ④

腹ごなしにぴったりのバインミー屋さんも多く軒を連ねています。
「バインミー」は本来ベトナム語でパンを意味する言葉。
ですが、今では細長いフランスパンに日本でいうナマスのようなものや、
ハム、パクチーなどの香草をたっぷり挟んだベトナム風サンドイッチを指します!
数あるお店の中から、お好みのバインミー屋さんを探してみてはいかがでしょうか。
(私はレバーペーストがたっぷり入っているものが好きです)
ハノイ⑤

ちなみに、ベトナムのお好み焼き、「バインセオ」も楽しめます!!
中にはほろほろで、甘いそぼろとたっぷり野菜が入っていて、
こちらもお箸が止まらないおいしさです。

おすすめポイント3
とにかく安くて、とってもおいしい、Che!

食べ物続きになっており、
私の食いしん坊具合もご理解いただけたかと思いますが、
最後のおすすめポイントはもちろん、「デザート」です!

その名も「チェー」!
ハノイ⑥

価格も100円以下で食べることができ、
ベトナム滞在中は、毎日食べていたのですが、
あまりのおいしさに写真を撮るのを忘れてしまうほど!
(これは唯一の、完成したチェーの写真)

「チェー」は、日本でいう「ぜんざい」のようなもの。
優しい味の芋や、豆などのペーストに白玉を添え、
甘いココナッツミルクをかけていただくベトナムの伝統的スイーツです。
屋台のお姉さんが好きな量をいれてくれます。
ハノイ⑦

ベトナム全土で、おそらく食すことが出来ますが味や素材はその土地それぞれ!!
私は甘い豆や芋のペーストたっぷりの、
とろりとした北部のチェーが好みですが、
みなさまはどんなチェーがお好きでしょうか。

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

市街地からすこし外れたところに、音楽好きのご主人がいる素敵なカフェを発見。
滞在中3回は訪れ、ベトナムコーヒーとご主人の弾くギターの音色を楽しんでいました。
ベトナム語を話せず、気持ちが伝えられなかった悔しさが残り、
帰国後ベトナム語を勉強!!
いつか、また訪れたときは、話せたらいいなと楽しみにしています。

最後に3ポイント自己紹介

池田真に/いけだまに
・福岡のお気に入りスポットは太宰府です。(気付けば、一か月に1度は訪れていました。)
・最近は関西にいる同期兼、バンド仲間とオンラインセッションに挑戦中です。
・数多の有名アーティストを生み出した福岡の地にいると、
なんだか私もミュージシャンになれる気持ちになってしまいます。

メッセージを送る