MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第135回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マチュピチュだけじゃもったいない!ローカルが味わえる街 オリャンタイタンボ(ペルー)

2019.05.02
profile

WRITTEN BY

吉岡遥菜 みなとみらい東急スクエア店

みなさん、こんにちは!
今年の2月に中途入社し、現在みなとみらい東急スクエア店におります、吉岡です。
お客様といろいろなお話が出来ることを日々楽しんでおります。

今回私がおすすめする街は、大学生の頃に4か月程過ごしたペルーのオリャンタイタンボという街です。

ペルーと聞いて真っ先に思い浮かぶのは…
世界遺産のマチュピチュでしょうか?

何ともヘンテコな名前のオリャンタイタンボは、
そのマチュピチュに行く為のターミナル駅として知られる街です。
一般的に、日本から観光で来られる方は時間の都合上、
オリャンタイタンボにはほとんど滞在することなく
マチュピチュを目指すことが多いのですが、
そんな街にこそペルーの魅力がぎゅっと詰まっているのです!

実際に私も一度マチュピチュに観光で行った際に立ち寄りオリャンタイタンボという街に魅了され、
その1年後に再訪を果たしました!


この街のおすすめポイント

1. インカ文明の名残と民族衣装が溶け合う素朴な街並み
2. 標高3000m越え!流れ星だらけの満天の星空
3. じゃがいもは300種類!?絶品ペルー料理
 
 
おすすめポイント1
インカ文明の名残と民族衣装が溶け合う素朴な街並み

何といっても魅力的なのは素朴な街並み。
image001 (2)
写真にあるように、少し高い丘に登るだけで街全体が見渡せるコンパクトさ。
そこに溶け込むようにインカ時代の遺跡があり、トウモロコシ畑が広がっています。
image003 (2)
image005 (2)
そしてあちこちで可愛い民族衣装を着た人たちに出会えます。
地元のお祭りや結婚式など行事も毎日のように行われているので、
色とりどりの衣装を見ることが出来るのも、地元民のいる街の魅力の一つですね!
image007 (2)
  
  
   
おすすめポイント2
標高3000m越え!流れ星だらけの満天の星空

街自体の標高が高いこともあり、青空・星空がとにかく綺麗!
毎日のように焚火をしながら流れ星を数える日々でした。
そして、ペルー第3の都市とも言われるクスコからのバス移動(3時間程)
途中の景色が最高に気持ちいいのです!
image009 (2)
見渡す限りのこの景色を、何も考えずぼーっと見ているだけでも、
頭の中がすっきりすると思います。
小ぢんまりとした街なので、大きなリゾートホテルなどは無いですが、
アットホームな小さな宿があちこちにあり、
ローカルな触れ合いが好きな方にはおすすめです。
image011 (2)
近くの山を抜けると、放牧されたアルパカちゃんたちにも出会えます。
  
   
   
おすすめポイント3
ジャガイモは300種類!?絶品ペルー料理

ペルー料理と聞いてもなかなかイメージが湧きにくいかもしれませんが、
実は、スーパーフードとして有名なキヌアやチアシード、インカベリー等
栄養満点な食材がたくさん採れるのです!

中でも代表的なのが、ジャガイモ料理!なんとジャガイモが300種類以上あるらしい…
(ホームステイ先で毎日のように食べていましたが、ほとんど違いが分からなかった…)
スペインや中国の食文化の影響を受けており、
海岸地域・山岳地域・ジャングルと色々な気候に属しているのでメニューも豊富です。
ジャガイモのイエローチリソース煮やロモサルタード(肉野菜炒め)、セビーチェ(シーフードマリネ)などなど。
image013 (2)
(田舎のキヌアスープ。いつも写真を撮る前に食べてしまうため、これしか写真が無かった…)
ペルー料理は日本でも少しずつ浸透してきていて、都内には数か所ペルー料理屋さんがあります。
どのお店も美味しかったので、ぜひお試しください!ちなみに私は滞在中に5キロ太りました!
    
    
    

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

”時間に追われることを知らない、ペルーの人々”

「最後の先住民」と呼ばれる人々に会いに、隣の県のとある村を目指していた時のことです。
ローカルバスの運転手が飲酒運転をし、警察とカーチェイス!
というハラハラな経験をしたのですが、(観光バスならそんなことはないのでご安心ください!)
その際バスを降ろされ、何にもないアンデスのど真ん中で来るかもわからない次のバスを待つ羽目に…
一緒に乗っていたおじちゃんが「なんだか映画みたいだねぇ」とひと言。
予想外の出来事もふわっとゆるっと流してしまう素朴なペルー人がたまらないです。
   
   
   

最後に3ポイント自己紹介

吉岡遥菜/よしおかはるな
・大学時代は、文化人類学やサステナビリティを学んでいました。
・iPhoneに焚火BGMを入れるほどの焚火好き。ついに鍋が置けるタイプの焚火台を買ってしまいました。
・マイブームは糸紡ぎ。新しい瞑想ツールとしていかがでしょうか!

メッセージを送る