MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第130回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

最先端と古き良きが共存する街 上海(中国)

2019.02.28
tuyusan_profile

WRITTEN BY

大月露 横浜ベイクォーター店

みなさん、こんにちは!
2018年7月に入社し、横浜ベイクォーター店におります大月です。

今回は私の故郷である上海(中国)について紹介します。
上海で生まれ、幼少期の6年間を上海で過ごしました。
住んでいた頃とは、だいぶ街並みが変わりましたが、今でも大好きな街の一つです!


この街のおすすめポイント

1. 新上海と旧上海が同時に楽しめる「外滩」
2. レトロな街並みでショッピングやアートを楽しむ「田子坊」
3. 美味しいグルメ~私のおすすめB級グルメ~
 
 
おすすめポイント1
新上海と旧上海が同時に楽しめる「外滩」

上海随一の観光スポットである外滩(ワイタン)は、
高層ビル群と戦前から残る歴史建築群を一度に楽しむことができる、
まさに「上海の顔」。

外滩は、19世紀末から20世紀前半にかけて、
東アジアにおける金融のハブとして栄えたエリアでした。
image007
当時イギリス・フランス・アメリカ・ドイツ・日本といった各国の銀行や新聞社、
クラブなどとして使用された西洋式高層建築は今でも建ち並んでおり、全長は約1,1kmに及びます。
現在は、銀行やホテル、老舗レストランとして使用され続け、
カルティエなどの高級ブランドやおしゃれな雑貨屋さんなども入っていたりしているので、
観光で訪れても昔ながらの雰囲気を楽しむことが出来ます。
image009

また、上海のシンボルである、東方明珠塔(テレビ塔)や超高層ビル、
大型ショッピングモールが建ち並ぶのもこの外滩エリアです。
image011
東方明珠塔は高さ468mを誇るテレビ塔で、球体部分が展望台となっており、
どの展望台からも周囲360度がぐるりと見渡せる造りになっています。
また、展望台に併設されているレストランは1時間に1回転し、
美味しい中華を堪能しながら、360度景色を楽しむことができます。
image013
近年は新幹線が開通し、
たくさんの観光客が中国国内からも上海に押し寄せるため、
特に夜景を見に行く際は混雑に注意してください!

   
   
   
おすすめポイント2
レトロな街並みでショッピングとグルメ、アートを楽しむ「田子坊」

「田子坊」は上海の路地裏のレトロな雰囲気に浸りながら、
ショッピング、グルメ、アートが楽しめる、上海でも人気のスポットです。
image015
現在では国内外問わず人気のエリアである田子坊ですが、
そもそもの始まりは1999年に中国で著名な画家兼彫刻家の陳逸飛さんが
アトリエを開いたのが一番最初のきっかけとされています。

その後、他の芸術家もアトリエを次々と開くようになり、
アトリエを目当てに人々が集まるようになったそうです。
そして、2006年頃から住宅だった場所に自然発生的に店が増え、今の姿となりました。
image017
狭い場所にたくさんのお店が集結しているため、
おしゃれな雑貨屋さんやB級グルメに目を奪われていると、
まるで迷路のようで、何度行っても迷子になってしまいます。
image019
image021

   
おすすめポイント3
美味しいグルメ~私のおすすめB級グルメ~

中国には美味しいグルメがたくさんあります。
その中でも私が上海に行ったら、ぜひ食べて欲しいB級グルメを2つ紹介します。
1:マーラータン
マーラータンとは、マー=山椒(さんしょう)のしびれる辛さ、ラー=唐辛子の辛さ、
タン=熱いという意味で、上海のソウルフードです。
マーラータンのお店に入ると、ズラリと食材が並んでおり、
その中から自分の好きな具材と辛さを選ぶことができます。
選んだら、店員さんに渡して作ってもらうだけ!
ピリッとした山椒や何種類ものスパイスと、春雨がうまくマッチしていて
すごくおいしいです!そして、体が温まる!
image025
image027
2:生煎包(焼き小籠包)
生煎包(日本では、焼き小籠包と呼ばれています)とは、
ひき肉の餡を小籠包よりも分厚い皮で包み(肉まんよりは薄い)、鉄板で蒸し焼きにした食べ物です。
小籠包よりも皮が厚いため、とてもモチモチしていて、
また、噛んだ瞬間に肉汁がジュワーっと溢れ出ます。
4個入りで約100~150円とお値段もリーズナブル。
そのため、中国では朝ごはんや昼ごはんによく食べます。
数あるお店の中でも私のオススメのお店は「小楊生煎」です!ぜひ行ってみてください。
image029
image031
  
    
    

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

旅のこぼれ話ではないのですが、上海には変わった自販機があります。
“生搾りオレンジジュース自販機”
image033
お金を入れると、自販機の中で生オレンジを搾り、
あっという間にオレンジジュースが出来上がります。
いつオレンジを補充しているのか、不思議です。
image036
また、超キャッシュレス社会の中国では、自販機で現金が使えないことも多々。
街中でも、ほとんどの人がスマートフォンのアプリで決済しています。
最先端すぎる・・・。
   

最後に3ポイント自己紹介

大月露/おおつきつゆ
・マイペースって良く言われます。
・タピオカが好き。(都内のタピオカ屋さんはほぼ制覇しています)
・東南アジアが好き。年に1回は行きます。
 

横浜ベイクォーター店にキッズスペースオープン!

イベントではないですが、、、
横浜ベイクォーター店ではマザーハウス初のキッズスペースを店内にオープンしました。
元々ご家族連れでのご来店が多い店舗でしたが、
より一層ご家族みなさまで楽しい時間を過ごしていただけるお店になっております!
お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ。

メッセージを送る