MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第128回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

東京から一番近い地中海!? 静岡県賀茂郡松崎町(日本)

2018.11.22
顔写真_yoshinami (1)

WRITTEN BY

吉浪 優香 コレド室町店

みなさん、こんにちは!
2018年9月に入社し、コレド室町におります吉浪(よしなみ)です。

静岡県の熱海や西伊豆へ一度は遊びに行ったことがある方は多いのではないでしょうか。
今回ご紹介する静岡県加茂郡松崎町(かもぐんまつさきまち)は
西伊豆の南に位置する、海や温泉を楽しめる観光地です。

大好きな、よしもとばななさんの小説『TSUGUMI』映画版のロケ地となっており、
私が高校生の頃からずっと行きたかった街です。
ワクワクして行ってみると、素晴らしい景色と街のあったかさにすっかり街のファンになりました。
今回はそんな静岡県加茂郡松崎町をご紹介させていただきます。


この街のおすすめポイント

1. 地中海レベルの美しい海と富士山を一緒に楽しめる絶景
2. 人情にあふれ、お魚もお肉も全て美味しい食事処
3. 貸し切り状態で楽しめる沢山の温泉
 
 
おすすめポイント1
地中海レベルの美しい海と富士山を一緒に楽しめる絶景

上京して4年、休日に江ノ島や逗子海岸には頻繁に行っていたのですが、
東京から綺麗な海に行こうと思うと沖縄やハワイまで行かないと無理かな、と思っておりました。
しかし、松崎町に行ってその思い込みが吹き飛びました。
「東京から近いのに、こんな綺麗な海を見られるの!?」
と非常に感動したのを覚えています。

調べてみると、ビーチマニアに密かな人気スポットとして特集されている浜辺が松崎町には沢山あり、
その美しさや透明度から「地中海に来たようだ」と称される程。

さらに、海の向こうには富士山や日本アルプスを臨むこともできます。
image002
image004
明るいグリーンから潮が満ちてくると濃いブルーへ変わる海。

朝夕の散歩の楽しみとして何時間でも見ていられます。
image005
ちなみに、少し北の堂ヶ島まで足を伸ばすと、
「黄金崎」という馬の頭の形をした崖を楽しむこともできます。
朝日や夕日を受けて黄金に輝く姿は圧巻です。
image008
 
 
   
おすすめポイント2
人情にあふれ、お魚もお肉も全て美味しい食事処

海が近いのでお魚が美味しいのはもちろんですが、
お肉料理の専門店や喫茶店のコーヒーも、何を食べても美味しい!

松崎町のバスセンター降りてすぐの「ステーキと手作り洋食のお店 HOUEI」さんの、
ステーキ丼はランチタイムだとサラダやスープ、コーヒーのバイキングが付いて1,100円で楽しめます。
ちょうど平日で空いているタイミングで店主さんと仲良くお話させていただいたからか、
メニューにないデザートもおまけで出してくださり、
美味しい食事と温かいお店の方の人柄に旅のスタートからほっこりできました。
image009
おまけのガトーショコラとアイス。コーヒーはおかわり自由なので、ついつい長居してしまいます。
image011
また、25人のお母さんたちがオーナーとして運営している「伊豆・松崎・であい村 蔵ら」さんは、
地域の高齢者の方の作品のギャラリー・販売を行いつつ、
ランチタイムには手作りの「日替わりひる膳(野菜も地元産)」を楽しむことが出来ます。
(ここでも小鉢を3品おまけして下さいました笑)
image013
更に、素泊まりで予約した筈の温泉宿でも
「作りすぎちゃったから」と女将さんがサービスで天ぷらうどん定食を出して下さいました。
見ず知らずの観光客にも優しく話しかけてくれ、
それだけでも楽しいのに、色々おまけをくださる人の温かさに、
自然とまた来たいなあと思わされる場所でした。
image015
 
 
 
おすすめポイント3
貸し切り状態で楽しめる沢山の温泉

松崎町の松崎温泉はもちろん、
バスで20分ほどのところには石部温泉や更に南に行くと雲見温泉など、
沢山の温泉が近くにあるので、私は毎日バスでいろんな温泉に入りに行っていました。
特に石部温泉で利用した「いでゆ荘」さんは、客室が3室しかないため、平日に宿泊すれば貸し切り状態!
広い露天風呂を貸し切りで堪能できました。
日々の疲れやしんどいことも「まあいっか~」と水に流せるので、
疲れたら少し足を伸ばして温泉を楽しむのもおすすめです。
image017
  
    
    

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

宿のチェックイン時間が18時までで「まあ間に合うでしょ」とバスでのんびり向かったのですが、
近くのバス停についた瞬間に宿の方からお電話があり、
「バス停から徒歩15分くらい山道で街灯もほとんどないけど大丈夫ですか?」と心配されました。
Google Map上は徒歩15分の道のりでしたが、
実際歩いてみると真っ暗だし、食事しようと思って事前調べしていた飲食店は3店舗中1店舗しかやっていない!
初日から「そうだここは都会じゃないのだ」と思い知らされました(笑)
私も田舎出身なのですが、東京にきて4年で田舎のお店は毎日開いているわけではないという感覚を忘れてしまっていました。
気になるお店があったら事前に電話をして予約しておくことをお勧めします。
  
  
  

最後に3ポイント自己紹介

吉浪 優香/よしなみ ゆうか
・広島県庄原市出身です。(コンビニよりスキー場が多い田舎町です。)
・学生時代に油絵を描いたり、自主制作映画を撮ったりしていたので、美術館や博物館巡り、映画鑑賞が好きです。コーヒーも大好きで、休日は同時並行で喫茶店巡りもします。
・関ジャニ∞が大好きで、先日ナゴヤドームのライブに行ってきました。丸山隆平さんにお手振りファンサをもらったのが密かな自慢です。

メッセージを送る