MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第125回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

全米で住みたい街NO.1 ポートランド(アメリカ)

2018.11.01
顔写真(森岡)

WRITTEN BY

森岡 美貴 横浜元町店

みなさん、こんにちは!
2018年7月に入社し、横浜元町店におります森岡です。

みなさんはポートランドという街をご存知ですか?

そこに住んでいた大学の後輩が「絶対に気に入ると思います!」と教えてくれ、
私の大好きな人が大好きになった街は素敵に決まっている!
ということで、事前学習無しに行ってみる事に。

アメリカの西海岸に位置するオレゴン州最大の都市、ポートランドは
アメリカで住みたい街NO.1に選ばれた街。
実際に行ってみた結果、移住計画を本気で企むほど惚れこんだ、
「ポートランド」をみなさんに紹介いたします!


この街のおすすめポイント

1. ブルワリーの数が世界最多のビール天国
2. Made in Portlandを愛する文化
3. ゆったり時間を楽しむお洒落で美味しいお店が充実
 
 
 
おすすめポイント1
ブルワリーの数が世界最多のビール天国

ポートランドはクラフトビールが有名で、市内には70以上のブルワリー(醸造所)があります。
「ビールの種類が多すぎて選べない!」状態のため、
飲み比べがあるのはもちろんのこと、ほとんどのお店で味見ができます。
何種類か試してみてから注文するのも良いですね。
image002
image004
これはビール6種の飲み比べです!種類は写真の左下から時計回りに、
① ピルスナー(日本で飲むビールに近く、キリッとした苦みのあるビール)
② IPA(アメリカのクラフトビールの定番。ホップの量が多く、苦みと香りが楽しめるビール)
③ ポーター(黒ビールタイプ。深みがあり、苦みが弱いビール)
④ サワーエール(エールビールは甘み・苦み・香りのバランスが良いですが、
これは桃とアプリコットが入っているため、フルーティーだけどすっぱい!!笑)
⑤ IPA(②と同じ種類。味が少し違います。)
⑥ レッドエール(黒ビールに近く、苦みは弱く、甘さが感じられ飲みやすいビール)

飲み比べは量が多く、お酒好きの方は存分に満喫できます!
弱い方でもシェアしながら飲むと楽しめると思います♪
ブルワリー見学ツアーも充実しており、
どんな方々がどんな工程でビールを作っているのか見学することができます。
image006
image008
image010
ビールができる過程や、最終検査方法、スタッフの方々の一番好きな工程など笑、
ビールの向こう側を知ることができ、その後のビールはとても興味深く味わうことができました。

有名な大通りだと、徒歩圏内に何件もBarがある為、はしごも容易にできます。
image012 のコピー
image014 のコピー
こちらも飲み比べです!左から、
① パンプキンビール
② スタウト(黒ビールタイプで苦みやフレーバーは様々。これはコーヒーの様な味がしました。)
③ レッドエール
④ ケルシュ(ドイツスタイル。日本のビールに近い味)

天気の良い昼間から、テラス席でビールも最高!

10月はハロウィーンということもあり、毎年この時期には「パンプキンビール」が期間限定で出ています。
私が飲んだものは現地の方の大好物「パンプキンパイ」に使用するスパイスが入ったビール。
奇天烈な味ではなく、ピリッとした新感覚の美味しいビールでしたが、お店によってテイストが違うらしく、
いろんなお店のパンプキンビールの飲み比べも楽しそうですね。
 
 
 
おすすめポイント2
Made in Portlandを愛する文化

ポートランドに暮らす人は、「誰が」や「どこで」作ったモノなのかを重んじていて、
丁寧に作られたモノを、そのストーリーを楽しみながら飲食したり使用したりすることを大切にしています。

そのスピリットを感じられる場所として、
街の雑貨屋さんや、ビールやワインはもちろんですが、
有名なのが週末の市場です!

一つ目は、毎週土曜日にポートランド州立大学で行われるファーマーズマーケットです。
季節の旬な食べ物や、ローカルフードを多く楽しむことができます。
image016
image018
海外旅行中でもヘルシーなご飯が食べられるのは、とても嬉しいですね~
image020
image022
2つ目は、毎週土日に行われるサタデーマーケット。
1つ目のファーマーズマーケットが食べ物メインなら、
こちらはクラフト&アートがメインの市場です(食べ物もあります)
image024
image026
ハンドメイドの個性的な作品が多く売られており、見て回るだけでも楽しいのですが
ここでお土産を探すのも喜ばれるのでは・・・!

また、会場となる公園はとても広いので、
買い物が終わった後に飲み物やスイーツを買ってのんびり過ごす時間もおすすめです。
image028
 
 
 
おすすめポイント3
ゆったり時間を楽しむお洒落で美味しいお店が充実

ポートランドはお洒落な雑貨屋さん、カフェ、美味しいレストラン&バーがたくさんあります。
ダウンタウンはもちろんのこと、私は中心街から少し離れた住宅街に民泊をしていたのですが、
その周辺でも、ガイドブックには載っていないお気に入りのお店を見つけることができました。
image030
友人が作ったモノや、ヴィンテージ雑貨を売っている可愛いお店の店員さんはとても気さくで、
置いてある商品についてや、東京へ旅行された話など、いろいろお話してくれました。
image032
image034
image036
image038
お店はお洒落なうえに、私が滞在中に食べたモノはすべて美味しいモノばかり!!
ただ、量が多くて常におなかがいっぱいでした。笑
しかし、食べきれなかった分は持ち帰りができる(専用BOXを無料でもらえる)お店が多いので
安心して好きな物を頼むことができます。
image040-1
image042
また、コーヒーも美味しいお店がたくさんあります。
地元の方々のお気に入りスポットでもある公園もたくさんあるので
コーヒーを片手に散歩する時間も格別でした。
image044
image046
image048
これだけでは語り尽くせないほど、さわやかな自然溢れる街にお店も食も充実していて、
まるでそこにゆったりと暮らしているかのような時間を過ごすことができる街です。

私のように3泊5日でも十分に楽しむことができますが、
短すぎて現地の方に「クレイジー」だと言われたので笑、
ゆっくり滞在されることをおすすめします。
  
   
  

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

英語が苦手なのに、初めてのアメリカに一人旅をするという暴挙に出た今回の旅。
到着当初は、英語のメニューも読めずレストランの注文もままならない状態でしたが、
日本で仕事をした事がある方や、10年以上日本語を勉強している方と奇跡的に
出会うことができ、色々とサポートしてくださったおかげでとても有意義な時間を過ごすことができました。

「日本人は全員メニューくらい読めると思ってた!どうしたの!?
 学校さぼってたの!?」と言われましたが。そうかもしれません。笑

とても親切でフレンドリーな人が多いポートランド。
すべてが魅力的な街で、必ず再訪したいと思っています。

最後に3ポイント自己紹介

森岡 美貴/もりおか みき
・富山県高岡市出身です。
・デジタル音痴のアナログ人間です。直接的な触れ合いを大切にしたいタイプです。
・朝に食べるアイスクリームが大好きです。

メッセージを送る