MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第121回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

岩山に築かれた秘境の村を訪ねる コート・ダジュール(フランス)

2018.09.20
kaneko_shiori

WRITTEN BY

兼古詩織 梅田蔦屋書店

みなさまこんにちは。
梅田 蔦屋書店の兼古(かねこ)です。
マザーハウスに入社して早3ヶ月経ちましたが、
新しい世界に出会い、刺激的な毎日を送っています。

今回私がご紹介するのは
昨年の8月に新婚旅行で訪れたフランス、コート・ダジュール。

コート・ダジュールといえば、
ニースやカンヌのような
ビーチリゾートのイメージがあるかもしれませんが、
アルプス山脈が背後にそびえており、
その岩山には「鷲の巣村」と呼ばれる美しい村がいくつもあります。
今回はその中から「エズ」と「ペイヨン」という2つの村を紹介します。

この街のおすすめポイント

1. 海と山を同時に楽しめる古城で贅沢ランチ
2. 中世の姿を残した街並みで誰にも邪魔されない時間を過ごす
3. ミシュラン一つ星レストランのあたたかいおもてなしに触れる

 
 
 
おすすめポイント1
海と山を同時に楽しめる古城で贅沢ランチ

はじめに紹介する鷲の巣村「エズ」は、
海抜400mの高さから地中海を眺めることができる贅沢なスポット。
ニースやモナコからバスが出ておりアクセスもいいため、
観光地としても人気の場所です。
image001
コート・ダジュールにはこのように断崖にへばりつくように造られた村がいくつかあります。
中世の頃に、海賊や異教徒の攻撃から身を守るために高台に移り住んだ際にできた村で
鷲が外敵から身を守るために高い場所に巣を作る事にちなんで
「鷲の巣村」と呼ばれているそうです。

石造りのメルヘンな街並みは、
まるで映画の世界に迷い込んだかのよう…
…とロマンチックな気分に浸っているのも束の間。
当たり前ですが、山の斜面に沿って造られているので、急な坂道や階段も多く、汗だくです。
image003-1
細い路地が入り組んでいて迷子になりそうですが、これも敵から身を守るための知恵。

エズには中世に建てられた古城が2つあり、
今はホテルやレストランになっています。
私もお姫様気分を味わいたい!と
ホテルの予約を試みるも満室で断念。

それならランチだけでも…と泊まりたかった「シャトー・エザ」のレストランに向かうも満席。
残念そうにしていると、
幸運にも「テラスのカフェでよければタイミングよく空いた」とのこと!
image005-1
案内してもらうと、目の前には紺碧の地中海が広がっており、
思わず「海は広い~な~大きいな~」と歌い出す私。
お姫様には程遠いです。
image007-1
コートダジュール地方はロゼが有名とのことで、おすすめの1杯を。
唯一無二のこの景色を眺めながらのお食事は贅沢なひと時でした。

この他にもエズには熱帯庭園や香水工場があり、一日ゆっくり楽しめます。
 
 
 
おすすめポイント2
中世の姿を残した街並みで誰にも邪魔されない時間を過ごす

エズの古城に泊まる夢は叶いませんでしたが、
どうしても鷲の巣村に泊まりたい!と見つけたのが
「ペイヨン」という小さな村。

ニースからは車で約30分の場所ですが、
細くて急な山道を登る必要があり、助手席の私はヒヤヒヤ。
対向車が来ないことを祈るのみです。

寿命が縮む思いで登りきると、
断崖に沿うように小さな村が現れます。
image009
エズのように観光地化していないため人も少なく、
穏やかで静かな時間が流れています。
綺麗な空気を吸い、風の音と鳥の鳴き声に耳を傾けていると、
日常の喧騒を忘れてリラックスできました。
image011-1
街は中世の頃とほとんど変わらない街の姿が残っており、タイムスリップしたかのような気分に。
image013
住人の方の姿を見かけることはありませんでしたが、
街には猫が沢山いました。

夜になると街灯で柔らかく街全体が照らされ、とても幻想的。
何より、ペイヨンで見た満天の星空がこの旅で一番の思い出かもしれません。
 

おすすめポイント3
ミシュラン一つ星レストランのあたたかいおもてなしに触れる

ペイヨンにはお土産屋さんやレストランといったお店はほとんどなく、
唯一あるのが今回宿泊した「オーベルジュ・ドュ・ラ・マドンヌ」。
image015
オーベルジュとは、宿泊施設付きのレストランを意味します。
1870年から続くこのレストランはミシュラン一つ星を獲得しており、世界中から美食家が集まります。
image017
部屋ごとに内装は異なるようですが、
私が泊まったのはフレンチカントリー調の可愛い部屋。
カーテンもリネンも持ち帰りたいくらいでした。

アンティーク家具が設えられたロビーや廊下もとても素敵です。
image019
お待ちかねのディナーの時間。
エズとはまた違った山間の景色を楽しみながらテラスでいただきます!
image021
どのお料理も素晴らしかったですが、
特に感動したのはこのレストランで有名なラムのロースト。
柔らかで臭みもなく、
ソースとの相性も抜群でお腹がいっぱいなのにペロリと食べてしまいました。

小ぢんまりしたオーベルジュですが、
シェフやウェイターも皆さん気さくで、
とても暖かみを感じるおもてなしでした。
主人があの恐ろしい山道を運転できるうちにもう一度訪れたい場所です。

  

最後に3ポイント自己紹介

兼古詩織/かねこしおり
・富山県出身、きときと(新鮮)な魚が恋しいです
・正真正銘の雨女。遠足、運動会、旅行、ことごとく雨に降られます。
 ペイヨンの村で星空を見ることができたのは奇跡です。
・超がつくほど運動音痴なので、一人でマイペースにできるヨガやランニングが好きです
  
  

マザーハウスサンクスイベント開催目前!

年に1 回、お客様に感謝の気持ちを込めて開催している「サンクスイベント」が、
いよいよ今週末に迫ってきました!
東京は9月22日(土)に銀座で、大阪では9月23日(日)に梅田 蔦屋書店にて開催します。

山口をはじめ日本のスタッフはもちろん、5カ国から職人が大集合し、
トークイベントや職人と一緒につくるDIY体験など
マザーハウスのモノづくりの向こう側を、1日を通してたっぷりお届けいたします。
予約不要のプログラムもございますので
お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

詳しいイベント内容はこちらからご覧ください。

みなさまとお会いできることを、スタッフ一同楽しみにしております。

メッセージを送る