MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第123回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

ベトナム王朝の繁栄と終焉を映す街 フエ(ベトナム)

2018.10.18

こんにちは、WEBチームの神村です。
今日おすすめする街はベトナムのフエです。

旅行の行き先に迷うといつも「ダナン」という街が候補にあがります。
すこぶるお気に入りの街なのですが、
今回はそこから北へ足を延ばして
「フエ」をおすすめしたいと思います。

この街のおすすめポイント

1. 王様の人柄全開な世界遺産 フエの建造物群
2. 宿泊はフランス統治時代の総督の邸宅へ
3. 一か八かでOK 日本人の舌に合うベトナム料理
 
 
 
おすすめポイント1
王様の人柄全開な世界遺産 フエの建造物群

フエはベトナム最後の王朝、グエン朝が置かれていました。

13代続いたグエン朝。
歴代皇帝の帝廟(王様のお墓)が多数あるのですが、
そのお墓には王様の人柄と世相の影響が露骨に出ています。

西洋に憧れた王様や超倹約家の王様、
政治よりも文芸に興味があって釣り堀を作った王様、
人気のない王様の廟はなかったり…

「あ~、この人西洋かぶれだわ~…」
「こっちの王様は政治やる気なかったんだね~…」
「王様になる定めで生まれてくるって大変だね~…」
なんていう平和な時代の恩恵を感じられる
のんきなお墓巡りが楽しめます。




残念なことに繰り返された戦争の戦渦に巻き込まれたことで、
大きな被害を受けてしまいましたが、その迫力は健在です。

歴史的な建造物がコンパクトな範囲にぎゅっと固まっているので
限られた時間でもとても効率よく楽しむことができますよ。
 
 
 
おすすめポイント2
宿泊はフランス統治時代の総督の邸宅へ

フエ川のほとりに立つホテル、ラ レジデンス ホテル & スパ。
フランス統治時代の総督の邸宅を改装したホテルです。

ベランダから外を眺めると川の向かいに
街のシンボルになっているフラッグタワーを眺めることもできますよ。
一度は写真や映像で見たこともある方も多いのではないでしょうか。

※写真は近くの橋の上からの風景です。

コロニアル調の建物からは、
川の向こうにそびえる王朝とは
一味違う歴史を感じられます。


「どちらも同じ国の歴史なんだな~」と
川を眺めながらゆっくり物思いにふけるのもいかがでしょう?
 
 
 
おすすめポイント3
一か八かでOK 日本人の舌に合うベトナム料理

海外らしさを感じられる場所といえば、
やっぱり英語のメニューがないレストランと、
現地のスーパーマーケット(だと思っています)。

平日の暮らしにちょっとおじゃまできるような気がして
海外を訪れた時にはぜひ楽しんでいただきたいです。

幸いベトナム料理は日本人の舌に合うので
あてずっぽうで注文してもそれほど大外れはありません。


「うわ~…これはきつい…」
な料理に出くわしても、来年にはいい旅の思い出になるはず!
物価も安いですしね、懐も痛くない!
 
 
 

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

フエへのアクセスはダナンからだとタクシーかバスが一般的なはず。
ちなみにバスだと片道2.5時間。

事前の調べでは「寝台バス」とのことで、どんなもんかな?と思いながらバスに乗ったのですが…


なんか日本でイメージするのと違う…
欧米の方がま~狭そう。。
ちなみに身長175cm、細身体形の僕はそれほど不自由しませんでした。

ベトナムでは一般的な移動手段ですので
気が向いたらぜひお試しください!

最後に3ポイント自己紹介

神村将志 / かみむらまさし
・静岡出身です。ジュビロ磐田のホームタウンで育ちました。
・大学では建築・デザインの勉強をしていました。好きな人はグンナール・アスプルンド。
・末端冷え性で冬が大嫌い。夏が好きですが、肌が不健康そうなほど真っ白で、夏に全然溶け込めません。

メッセージを送る