MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第110回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

絶品アイスと動物が楽しめる街 オークランド(ニュージーランド)

2018.05.31
sugita_ayako

WRITTEN BY

杉田 彩子 上野パルコヤ店

みなさま、こんにちは!
上野パルコヤ店に勤務をしております杉田彩子です。
上野動物園のアイドル、シャンシャンに負けないくらいに、日々成長したい!
と思いながら楽しくお店に立たせて頂いています。

英語が大の苦手な私なのですが、世の中はグローバル化…。
少しでも英語を好きになりたいと思い、大学生時代、1か月間の超短期語学留学を決意しました。
その留学先に選んだのが、オークランド。

なぜ、オークランドを選んだのかというと、
「過ごしやすいらしいよ」という噂を聞き、行くなら過ごしやすいところが良い!
という安易な理由で、オークランドに決定しました。
結果的にオークランドでの1か月間は、過ごしやすい!を通り越して、快適すぎる!!!時間でした。


この街のおすすめポイント

1. 山と海、さらにはグルメも一度に楽しめる!
2. 地元の食材を使った絶品アイスとジェラート
3. スペシャル体験ファームステイ
 
 
 
おすすめポイント1
山と海、さらにはグルメも一度に楽しめる!

オークランドの街に着いてまずびっくりしたことは、
都市であるにもかかわらず自然が多いということ。
街のいたる所に公園があり、人々の憩いの場となっています。
癒しスポットが街なかに沢山あるなんて素敵ですよね!
お昼寝をするにも、最高の場所ですよ。

私が滞在していた時は、ちょうどランタンフェスティバルが開催されており、
家族や友達と一緒に、お祭りを楽しむ人々で賑わっていました。
image001
image003
image005
さらに街の中心部からバスで20分くらい走ると、山登りも体験することができます。
おすすめなのは死火山の一つで、標高196mの「マウント・イーデン」。
スニーカーで登ることができる程度の標高ですが、山頂からの景色は絶景!!
オークランドの街が一望できます。
image009
image007
またさらに、街の中心部から今度はバスで25分ぐらい走ると、
美しい海と白い砂浜が一面に広がるベイエリアに行くことができます。
こちらはミッション・ベイと呼ばれている、
美味しいレストランやカフェが建ち並ぶ地域。
美味しいご飯を食べ、浜辺を散策し、ゆったりとしたひと時を楽しむことができます。
image013
都市にいながらも大自然を楽しめるこの街で、
ほっと一息ついてみるのはいかがでしょうか?
 
 
 
おすすめポイント2
地元の食材を使った絶品アイスとジェラート

暑くなると欠かせないものがありますよね?そう、それはアイスです!
オークランドで食べる、アイスとジェラートは本当――――に美味しいです!!
オークランドには、これらが有名なお店が何店舗かあり、
ニュージーランドの特産物である、
マヌカハニーやキウイフルーツを使ったものが堪能できます。
image019
オークランド滞在中、ほぼ毎日アイスやジェラートを食べ歩きしていましたが
それはもう至福の時間でした。

大自然の恵みが生み出す絶品アイスとジェラートを、ぜひともご賞味あれ!!
 
 
 
おすすめポイント3
スペシャル体験ファームステイ

ニュージーランドといえば、羊。誰になんと言われようとも、羊なのです!!
羊を見たいなあと思っても、オークランドの中心地ではそうそうお目にかかれません。
そこでおすすめなのが、ファームステイ。
近郊の農家さんのお宅に宿泊することができます。

ファームステイでは乗馬体験…
image021
だけではなく、乗牛?体験もでき、
image023
さらには、ステイ先のお宅で手作りされた美味しい手料理が堪能できます。
image025
そして、念願の羊さんとのご対面も!!
image027
ファームステイでは、何組かのお客様と一緒に農家に滞在するため
素敵な出会いをすることもできます。
私が滞在した時は、日本人の女の子、フィジーから来ていた
ご婦人二人と、楽しいひとときを過ごしました。

動物との触れ合いや素敵な出会いのできるファームステイで、
ちょっぴりスペシャルな体験をしてみませんか?

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

語学留学の一か月間は、現地の方のお宅にホームステイをさせて頂きました。
ホームステイで一番緊張する瞬間は、バスタイム。

ニュージーランドでは、給湯器で予めお湯を作り溜めしておき
そのお湯を徐々に使っていきます。
そのためお湯はとっても貴重。
湯船にお湯をためて…なんてもってのほか。
シャワーも5~10分で済ませます。

ニュージーランドではお湯が貴重だ、という情報を事前に入手していた私は、
シャワーを10分以内にするため、日本から全身シャンプーを持参して現地へ乗り込みました。
ホームステイ初日、あまり早くシャワーを済ませすぎたのか
ホストマザーから「もうちょっとゆっくりしてきて大丈夫よ!」
と言われました(笑)。

シャワーは緊張の時間ですが、ホームステイ生活はとても快適。
ホームステイ先は閑静な住宅地で、夕方になるととても素敵な空を見ることができました。

image031
ニュージーランドは、もともとマオリと呼ばれる原住民族が暮らしていた国です。
語学学校でもいくつか、マオリ語を教えてもらいました。
マオリ語で「こんにちは」は「キアオラ」、
「ようこそ」は「ハイレマイ」、「さようなら」は「イ ノーラ」。

それではみなさま、お店でお会いするその日まで、イ ノーラ!!

最後に3ポイント自己紹介

杉田 彩子 / すぎた あやこ
・神奈川県出身。最寄り駅のない地域で生まれ育ちました。バスは、お出かけの命。
・音楽が大好き。5歳からピアノを習っておりました。好きな作曲家は、リストとラフマニノフ。
・健康体になりたくて、健康法模索中。何か良い情報があれば杉田までお願い致します!

パンダチャームのDIYを開催しています

上野パルコヤ店ではシャンシャン生誕1周年を記念し、
5月25日(金)~6月26日(火)までの期間
「パンダチャームDIY」を行っています。

スタッフ一同、みなさまと一緒に楽しい時間を過ごせることを
心待ちにしておりますので、ぜひお気軽にお越しください!
イベントの詳細はこちらです

マザーハウスの最新情報をお届けします

メッセージを送る

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram