MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第109回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

瀬戸内海に浮かぶ、食と絶景が楽しめる島 小豆島(日本)

2018.05.24
sugita_t

WRITTEN BY

杉田 智美 船橋東武店

みなさまこんにちは!
2月にマザーハウスへ入社しました船橋東武店の杉田智美と申します。
今回私がおすすめするのは、瀬戸内海の小豆島です。

友人が香川県高松市に住んでいることをきっかけに、行ってみよう!
ということで1泊2日の弾丸旅行で四国へ。その時に訪れたのが小豆島でした。
名前は聞いたことあるけど、何があるの?
という方も多いのではないでしょうか。

実際に行ってみると、海はきれいですし、
最近は有名になってきた、
瀬戸内のオリーブオイルやレモンを使った食べ物がとにかくおいしい!
そしてどこかのんびりとした空気を感じ、
田舎に帰ったような気分になれる魅力たっぷりな島でした。

この街のおすすめポイント

1. とにかく海がきれい!恋人の聖地エンジェルロード
2. あの映画の実写版ロケ地に!フォトジェニックな「道の駅 小豆島オリーブ公園」
3. オリーブオイルや瀬戸内レモン…瀬戸内海の幸せグルメ


  
 
 
おすすめポイント1   
とにかく海がきれい!恋人の聖地エンジェルロード

私が行ったのは7月初旬だったのですが、
「エンジェルロード」という干潮の時だけ現れる道があり、
知る人ぞ知る観光スポットになっています。
image001
到着するや否や、目に飛び込んでくるのは一面に透き通った海!
あまりに気持ちよさそうだったので、思わずサンダルを脱ぎ
ズボンをたくし上げ、ざぶざぶと海に入ってしまいました。
image003
後から知ったのですが、「大切な人と手をつないで渡ると願いが叶う」場所だそうなので、
みなさまもぜひ大切な人と一緒に訪れてみて下さいね。
 
 
 
おすすめポイント2   
あの映画の実写版ロケ地に!フォトジェニックな「道の駅 小豆島オリーブ公園」

実はこちらの場所、魔女の少女のアニメ映画(みなさまもうお分かりですよね…)
を実写化した際のロケ地になった場所なんだそう。
ロケセットの風車などがそのまま残されています。

そしてここではなんと…箒で飛ぶことができるんです。
image005
種明かしをすると、公園では映画の内容にちなみ、無料で箒を貸し出してくれています。
そしてカメラの「連写機能」を利用して「いっせいの、ジャンプ!」すると
あたかも箒で空を飛んでいるかのような写真を撮影することができるのです。

目の前に広がる海もキラキラして、とっても「フォトジェニック」なスポット。
みなさまもぜひ訪れてみて下さい!
 
 
 
おすすめポイント3   
オリーブオイルや瀬戸内レモン…瀬戸内海の幸せグルメ

最近は、瀬戸内レモンがブームになっていますね。
中でも私がおすすめしたいグルメスポットは「井上誠耕園ファームズテーブル 忠左衛門」さん!
オリーブ農家さんの経営するレストランです。
いろいろなお料理にオリーブオイルをかけてくださるのですが、全部絶品でした。
image007
瀬戸内レモンのクリームパスタ…この味は一生忘れないと思います。おいしかった…
image009
お肉が乗った豪華絶品パエリア!
image011
食後のスムージー…にもオリーブオイル!
これが合うんです!!

お料理がおいしいのはもちろん、こちらはファーマーズマーケットも併設されており
小豆島の特産品がたーくさんあります。
お酒やレトルト食品、おいしそうなお土産物等々…
食べ物大好きな私には至福の時間でした。

高松からフェリーで1時間。
自然いっぱいでフォトジェニックなスポットもたくさん。
小豆島に行って、大人になってから初めて「遊び疲れた~」という感覚になりました。

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

小豆島をはじめ、四国や瀬戸内エリアを訪れた際に絶対にお試しいただきたいのが「生そうめん」。
つるっとした食感には感動を覚えます。
あとは、お酒が大好きな方へのおすすめですが「リモンチェッロ」。
イタリア産が有名ですが、瀬戸内のリモンチェッロも絶品ですよ!!

最後に3ポイント自己紹介

杉田 智美 / すぎた さとみ
新潟県上越市出身、幼少期は田んぼに囲まれ、学生時代は長野県松本市で山に囲まれて育ちました。
好きなものは食べ物とビールと旅行と睡眠。
飲茶が食べたくて台北に、フォーが食べたくてハノイに、タイ料理が食べたくてバンコクに、という食べ物中心の旅行をしています。

メッセージを送る