MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第95回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

昔ながらと風景と現代アートの融合する島 佐久島(日本)

2018.02.10
matsumumra

WRITTEN BY

松村 みなみ アトレ吉祥寺店

みなさま、こんにちは!
昨年4月に中途入社し、横浜ベイクォーター店を経て
現在アトレ吉祥寺店で働いております、松村みなみと申します。

今回私が紹介するのは、2年前の夏に訪れた愛知県の「佐久島」です。
名古屋駅から港まで電車で約1時間半、そこから船で約20分。
たどり着くのには少し時間がかかりますが、長い道中も旅の醍醐味!
行ってみると想像以上にハードな旅になりましたが、
体を動かして気分爽快な旅を楽しむことができました。

この街のおすすめポイント

1. 開放感たっぷりの自然
2. 島全体に散りばめられたアート作品の数々
3. 新鮮な魚介、名物の大あさり
 
 
 
おすすめポイント1
開放感たっぷりの自然

佐久島は、東京ディズニーランド約3個分の広さ、
島の80%が里山でできている、自然豊かな島。
こちらの自然をダイレクトに感じたいのであれば、
自転車で潮風を感じながら島内を1周するのがおすすめです!
(レンタサイクル屋さんがあります)

さまざまな表情を見せてくれる海岸線を眺めながら
のんびりと自転車を進めてみてください。
南国とは違った海の力強さを感じ、なんだかエネルギーをもらうことができます。
image001
また、島内部を見れば緑もたくさん。
「ジャングル?!」「ここ通れる?」というような場所もあったりして
先が見えない探検気分を味わうことができます。
運動不足の方には、とてもいい運動になりますよ!
なかなかのアドベンチャー感。
深呼吸したくなる空間を見つけに行ってみてください。
image003
佐久島は、信号機やコンビニもない、ゆったりと過ごせる島。
もちろん高い建物もありません。

都会の高層ビルに囲まれた生活では味わえない、だだっ広い空がとても魅力的です。
こういう空を見ると本当に気持ちよくなりますよね。
「世界は繋がっているんだな~」と実感する瞬間です。
image005
 
 
 
おすすめポイント2
島全体に散りばめられたアート作品の数々

佐久島では約20年前からアートを軸とした島おこしをしており、
たくさんのアート作品が島全体に点在しています。
アートスランプラリーを一年中実施しているので、
子供の頃のわくわく気分を味わいながらアートを楽しむのはいかがでしょうか?
ここでいくつか作品をご紹介したいと思います。

まず1つ目は、佐久島アートを代表する「おひるねハウス」。
黒い箱型の作品は、島内西集落の黒壁をモチーフにしているそうで、
某アニメの映画にも登場した場所。

箱を抜ける潮風と波の音が気持ちよく、その名の通りお昼寝をしたくなる心地よさです。
image007
次にご紹介するのは、島東部に位置するその名も「イーストハウス」。
対岸に見えるおひるねハウスとは真逆の真っ白な箱型。
こちらのアート、実は桟橋部分に位置し、とても長い作品です。
image009
ここでひとつプチ情報。
イーストハウス前には、時々「カメラおじさん」がいます。
ボランティアでカメラ役を引き受けてくれるおじさんです。
「そこに立って!」「そこから覗くような感じで」と指示をしてくれ、
素敵な構図で写真を撮ってくれます。
いつもいるわけではないようなので、カメラおじさんに会えたらラッキーですね!
(ちなみに私は会えました!そして写真も撮ってもらえました)

海辺、里山、集落の中など、アート作品の場所はさまざま。
中にはたどり着くのが難しいものも…。
「見たい!」「スタンプラリーを完成させたい!」一心で必死に探しました。
image015
image016
image017
 
 
 
おすすめポイント3
新鮮な魚介、名物の大あさり

愛知県の三河湾に浮かぶ佐久島では、ぷりっぷりのタコなど
新鮮な魚介類を楽しむことができます。
その中でも一番おすすめなのが、名物の「大あさり」!
大あさりは、普通のあさり10個分くらいの大きさがあるボリューミーな貝です。
こちらを卵でとじた「大あさり丼」が絶品。
(写真を撮り忘れてしまいました。
下の写真の人魚(?)が右手に持っている感じのものです)
image021
元々は、豚肉を入手するのが困難な時代に
かつ丼をイメージして作ったのがはじめだとか。

私は島東部に位置する、元祖大あさり丼のお店「すゞ屋」で食べました。
700円でお新香・汁物がついてきて、お手頃価格も魅力的!
島のお兄さんたちで賑わっていて、楽しい時間を過ごすことができました。

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

ネタバレになってしまうのですが
先ほど紹介したアートスタンプラリー、完成させると景品がもらえるんです。
汗だくになりながら一緒に頑張った友達と「何がもらえるんだろう」とドキドキわくわくしていたら
なんと、駄菓子屋さんでもらえそうなおもちゃでした。(ピカピカ光るくまさん!)
思わずみんなで「どこでももらえるやないかーい!」と笑いましたが、それもいい思い出です。

あの時から数年経った今は、景品も変わっているかもしれませんね!

最後に3ポイント自己紹介

松村 みなみ/まつむら みなみ
・ぼーっとして1日が過ぎてしまうタイプです
・海とハンモックを求めて旅します
・最近の休日は、もっぱら「整体」「美文字プログラム~筆ペン編~」

アトレ吉祥寺店よりイベントのお知らせ

マザーハウスアトレ吉祥寺店は、この2月でオープン3周年を迎えます。
日頃のご愛顧に感謝を込めて、レザーDIYイベントを企画しました。
ご興味のある方はぜひご参加くださいませ!

日時:3月5日(月)、7日(水)、11日(日) 11:00-12:00
所要時間:30分~1時間
参加費:1,000円(税込)
お申込み:店頭もしくはお電話にてご予約を承っております
    (マザーハウスアトレ吉祥寺店 TEL: 0422-22-1578)

マザーハウスの最新情報をお届けします

メッセージを送る

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram