MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第94回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

美味しい食べ物と桜が楽しめる街 寒河江市(日本)

2018.02.01
fukami

WRITTEN BY

深海 茉莉 上野パルコヤ店

みなさま、こんにちは。
2017年の8月に入社し、現在は上野パルコヤ店に勤務しております深海と申します。
今回わたしがおすすめしたい街は山形県の寒河江市です。

大学を卒業した後、 山形県のニットメーカーに就職したことを機に、
山形の中でも特に雪深いといわれる街、寒河江で3年半を過ごしました。
今回は実際に住んでみたからこそ見えてきた、寒河江の魅力をみなさまにお届けします。

この街のおすすめポイント

1. 地元の食材を活かしたおいしいご飯
2. 桜の名所「霞城公園」
3. レストランが併設されたお洒落なセレクトショップ

おすすめポイント1
地元の食材を活かしたおいしいご飯

寒河江市に住んでいた時は、地域に美味しい食べ物が豊富にあったことに加え、
近くに映画館やショッピングセンターなどの娯楽施設がなかったため
もっぱら食べる事に喜びを見出していました。

そんな山形のおいしいものを3つご紹介させていただきます。
1つ目はやっぱり王道!さくらんぼの王様・佐藤錦です。
わたしが住んでいた街・寒河江市には
300か所以上のさくらんぼ狩りスポットがあり、
日本一のさくらんぼの里と言われています。
image002
佐藤錦の名前は、佐藤錦の品種を開発した佐藤さんという方のお名前と、
「砂糖のように甘い」ことが由来となっていることをご存知でしょうか。
その名のとおり、とびきりの甘さと程よい酸味のバランスが絶妙で
とっても美味しかったです。

2つ目におすすめしたいのは蕎麦です。
山形はそば処としても有名ですが、そのなかでも
おすすめしたいお店が「そば処かつさ」さん。
image004
水が綺麗なためスープも澄み渡った味わいがします。

もともと京懐石の板前をされていた京都出身の店主さんが、
山形の蕎麦の美味しさに感動したことをきっかけに蕎麦の修行をし、
オープンしたお店です。

最後の3つ目はイタリアン「やまや園・ピザリア」さん。
さくらんぼ農家さんが営む、自家栽培の新鮮野菜をたっぷり使ったイタリアンです。

こんなとこにお店があるの?というような田舎道を車で走っていくと、
畑のなかにぽつんとお店があります。
image006
辺りには人家もないので静かでゆっくりと食事ができます。

いつも食べる事に夢中になりすぎるため
残念ながらピザやパスタの写真がないのですが、
新鮮な野菜と、山形の綺麗な水でゆでられたパスタは絶品です。
 
 
 
おすすめポイント2
桜の名所「霞城公園」

霞城公園は、春には約1,500本の桜が咲き誇る
市内随一の桜の名所として地元の方に愛されている公園です。
image012
公園の面積は約35.9haと東京ではなかなかお目にかかれないほど広大な敷地のため、
お花見シーズンでもあまり人込みを気にせず、
自分のペースで桜を堪能できるおすすめスポットです。

また、こちらの公園の脇には汽車が通っているのですが、
桜が満開の時期だけは乗客が写真を撮れるよう、ゆっくり走行してくれるという
粋な計らいをしてくれます。
image014
 
 
 
おすすめポイント3
レストランが併設されたお洒落なセレクトショップ

こちらの建物は、もともと酒蔵だった石造りの建物を移築し、
お洒落にリノベーションを施した作りとなっています。

またこのセレクトショップにはレストランが併設されており、
山形の食材をふんだんに使った料理やデザートを楽しむことができます。
窓ガラスが大きいので、一面銀世界の景色を眺めながら、
ゆっくりお茶をする時間は至福の時です。
image020

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

ドラマチックな思い出は多くはありませんが、
満天の星空、きれいな水と空気、山に沈んでいく真っ赤な夕日など、
東京で生まれ育った私には、日常そのものが特別でした。

最後に3ポイント自己紹介

深海 茉莉/ふかみ まり
・好きな本はミヒャエル・エンデの「モモ」です。
・「水曜どうでしょう」が大好きです。
・今月の目標は、「何事も丁寧に」。

メッセージを送る