MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第82回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

音楽が溢れるおとぎの国  プラハ(チェコ)

2017.10.05
arakawa

WRITTEN BY

荒川 夏実

こんにちは!谷中店の荒川です。
4月にマザーハウスに入社してはや半年。
谷中銀座の商店街のにぎやかさと、お客様の笑顔に日々パワーをいただいております!
そんな私が今回ご紹介するのは、チェコの首都、プラハです。

元々フィギュアスケートが好きで、特にチェコの選手を応援していた私。
長年「いつかチェコに行ってみたい…!」と思っていましたが、昨年ついに行ってまいりました!!

チェコ初日に到着したのが首都プラハ。元々は1日だけ滞在の予定でしたが、
「ずっとここにいたい…!」と思い、結局予定を大幅に変更。
結局3日間プラハを堪能してきました。

思わず留まりたくなる街プラハ。その魅力を、1つ1つご紹介していきます!

この街のおすすめポイント

1. おとぎの国に迷い込んだような街並み
2. ピルスナー発祥の地で美味しいビールとご飯を堪能!
3. 音楽が溢れる街で出会うストリートミュージシャン


 
 
 
おすすめポイント1
おとぎの世界に迷い込んだような街並み

プラハの街が目に入った瞬間、「なんだこの綺麗な街は!!」ときっと驚くことでしょう。
建物はパステルカラーの可愛い壁、地面は無機質なコンクリートではなく
情緒あふれる昔の石畳。
image001
高いところから眺めれば広がるオレンジの屋根!
image003
大きな広場にある天文時計も素敵なのです。
image005
どこを見渡しても続く、おとぎの世界のような街並みに
「なんて素敵なところに来たんだろう」と大興奮!

プラハはあまり広くなく見所もぎゅっと集まっているため、
ぶらぶらと街を歩くだけでも楽しいのですが、
その中でも特におすすめしたい場所が二つあります。

1つは市街地とプラハ城を結ぶカレル橋。
image007

右奥に見えるのがプラハ城です。カレル橋から眺めるプラハ城は、絵画のような美しさ。
あまりの絶景に3日間毎日、昼夜と通ってしまいました。
(この写真の何十倍も綺麗なのです…!)

そして2つ目は、プラハ城の敷地内にある聖ヴィート大聖堂。
600年の年月をかけて20世紀に完成した、歴代のボヘミアの王が眠る教会です。
image009
見上げると首が痛くなるほどの大きな教会。
中に入ると荘厳な雰囲気と、極彩色のステンドグラスが生み出す
空間の美しさに、思わず息を飲みます。
image011
どこを見てもため息もの。まるでおとぎの国に迷い込んだような街、プラハ。
ぜひじっくりゆっくりお散歩していただきたいです。
 
 
 
おすすめポイント2
ピルスナー発祥の地で美味しいビールと食事を堪能!

実はチェコはビールが有名!ピルスナーというビールの種類も
チェコ発祥なのです。

あまりお酒は強くない私ですが、「チェコの味を知らねばならぬ!」と
初日に早速1杯いただくことに。
ドキドキしながら店員さんに「飲みやすいのをお願いします!」
とお願いしたところ、出てきたのがこちら!
image013
小さいサイズで可愛く、また量が少ないので気軽に楽しめます!
味もスッキリで、お酒が強くない私でも楽々1杯を飲みきることができました。
しかも1杯120円程度と、旅行中のお財布にも優しいチェコのビール!
お酒が強い方ならば、飲み比べるのも楽しそうですね♪

そしてチェコのビールのお供は、やはりチェコの料理。
定番はグラーシュと呼ばれるビーフシチューや、カツレツ。
image015
チェコの料理はどれも日本人にも優しい味で、食事に困る事は一切ありませんでした。
ただし、量が多く1品頼むだけでもお腹いっぱいになるので、
頼みすぎには要注意ですね!

ちなみにチェコ語でカンパイは「ナズドラヴィー!」です!ナズドラヴィー!!
 
 
 
おすすめポイント3
音楽が溢れる街で出会うストリートミュージシャン

音楽の都といえばウィーンですが、プラハも負けておりません!
街を歩いていると、様々な場所で心躍る楽しげな音楽が聞こえてきます。
大きな広場では、にこやかなおじさま達の演奏が。
image017
プラハ城に続くカレル橋の上では、バイオリンやチェロで
軽快な音楽を奏でるグループがいました。

プラハ城を眺めながら弦楽器の音色を聞けるなんて、なんと贅沢なことか!
何人もの人が足を止め、時には一緒に歌い、
演奏が終わった際には歓声と拍手が送られていました。
素敵な音楽を楽しむ気持ちに国境はないんだなあと感動。

彼らの演奏がとても好きで、寒さに震えながら1時間以上聞いた日もありました。
実はお土産にCDも購入…!こういった音楽との出会いも旅の醍醐味ですね。
ぜひお気に入りの音楽を見つけてください。

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

プラハの方々はとっても親切!
道に迷った時、電車の切符の買い方がわからない時など
困った時もたくさんありましたが、いつも現地の方が親切すぎるほどに、
親身になって助けてくださいました。

片言の英語でも一生懸命理解しようとしてくださるので、
困った時は思い切って話しかけてみてください。
きっとそれも旅の楽しい思い出になりますよ。

綺麗な街並み、優しい人たち、美味しいご飯に、心踊る音楽。
楽しい旅になること間違いなしのプラハ、ぜひ一度行ってみてください!

最後に3ポイント自己紹介

荒川 夏実 / あらかわ なつみ
・チェコも好きですが、高校生の頃からスリランカも好き。
・好きなスリランカの言葉は「ホンダイ(大丈夫)」です。ホンダイホンダイ〜
・フィギュアスケートとミュージカルが好きです。おすすめの選手と演目があれば教えてください!

マザーハウスの最新情報をお届けします

メッセージを送る

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram