MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第74回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

都会と自然のハーモニーが魅力的な街 オスロ(ノルウェー)

2017.07.27
u

WRITTEN BY

禹 真珠(ウ ジンジュ) 北千住マルイ店

はじめまして。北千住マルイ店で働いております。禹 真珠(ウ ジンジュ)です。
韓国生まれ、韓国育ちの韓国人です。アンニョンハセヨ~。

私が紹介する街は、
今年、世界で最も幸せな国ランキングで1位になったノルウェーの首都オスロです。
ぜひ街!をお読みになっているみなさまも、
少しでもハッピーな気分になっていただければうれしいです。

この街のおすすめポイント

1. 美しいサンセットと〇〇のコラボレーション
2. 歴史的な風景とモダンな建物が融合した街並み
 
 
 
おすすめポイント1
美しいサンセットと〇〇とのコラボレーション

私は家族に会うため、ここ数年毎年ノルウェーに訪れているのですが、
そんな私が一瞬で心を奪われた、特にサンセットが美しい場所を2か所ご紹介します!

場所1.国立オペラ・バレー劇場
オスロの人気観光スポットであるオペラハウスは「屋根の上を歩ける世界初の劇場」としても有名です。
屋上まではエレベーターではなく、地上から外側のスロープを上っていくことでたどりつきます。

緩やかな傾斜なので、家族連れでも上ることができます。
image001
その先の屋上はオスロフィヨルドや市内を一望できる贅沢な場所です。
それでは、オスロフィヨルドとサンセットのハーモニをお届けします!
image003
image005

大自然の美しさに触れた時、本当に人間ってちっぽけな存在であると感じると同時に、
おおげさですが、こんなにきれいな地球に生まれたことに、心は感謝で満たされるんですね。

ちなみにこちらのフィヨルド、冬は海水が凍るのです!
アジアに生まれ育った私としては、凍った海の風景は衝撃でした。
たまたま9月と3月で同じ場所を撮影した写真がありましたので、ぜひ見比べてみてください。

<9月の写真>
image007
<3月の写真>
image009

場所2. フログネル公園(ヴィーゲランド公園)
「子供が体中で怒る姿を表現した青銅像」や「人間の塔」がある彫刻公園です。
公園には、ノルウェーの彫刻家グスタフ・ヴィーゲランドの作品がなんと200点以上も置かれています。
この公園は、現地の人にも散策やスポーツ、またBBQなどを楽しめる場所として人気です。
ユニークな彫刻のマネをして写真を撮ることも面白い思い出になるかもしれないですね。
image011
image015
素晴らしい建物・彫刻とサンセットのコラボレーションはいかがでしたか。
空が黄金色に染まる時間に合わせて楽しむ、都市の中のサンセットツアーは、
新しい発見がある旅でした!
みなさんもぜひ、カメラやスマートフォンを片手に出かけてみてください。
 
 
 
おすすめポイント2
歴史的な風景とモダンな建物が融合した街並み

古くはスウェーデンやデンマークとの同君連合やドイツによる支配など、複雑な歴史を持つノルウェーですが、
首都オスロでは、歴史・伝統とモダンさがうまく融合した街を楽しめます。
今回は、半日ゆっくりオスロの中心部を散策できるコースをご紹介します。

■ルート:オスロ中央駅→カール・ヨハンガーテ通り→オスロ市庁舎→アーケルブリッゲ

・旅の始まりはオスロ中央駅。
その名前の通り、オスロの中心部に位置するオスロ中央駅ですが、
ノルウェーの主要都市やノルウェー国外のいくつかの目的地に向かう列車を利用することができます。
例えば、スウェーデンのストックホルムには特急電車を利用すると5時間で行けますよ。
image021
・カール・ヨハンガーテ通り
オスロ中央駅から王宮まで、まっすぐにのびるこの通りは、オスロのメインストリートです。
クラシカルな雰囲気を漂わせている通りでは、国会議事堂、国立劇場、オスロ大聖堂など歴史的な建物が多く、
ゆっくり歩きながら、建築物を見るだけでも見ごたえありです。
image025
下の写真は、通り沿いに建てられた、オスロで最も歴史があるグランド・ホテルです。
毎年オスロ市庁舎で開催されるノーベル平和賞授与式の際、
平和賞受賞者はこちらのホテルに宿泊し、
ホテルのバルコニーから受賞者が街の人々に手を振ることが習わしとなっています。
image029
冬には、建物や周りの樹木などをイルミネーションでライトアップして
より一層綺麗でロマンチックな街に変わります。
見ているだけでワクワクするイルミネーションを楽しめます。
image031
image033
・オスロ市庁舎
「ノーベル平和賞」の授賞式が行われることで有名なオスロ市庁舎です。
伝統を残すヨーロッパの一般的な市庁舎と比べますと、オスロ市庁舎はとてもモダンな造りとなっています。
image035
しかし、室内では歴史やアートを楽しめる場所もありますので、ぜひ中まで。
印象に残るのは、やはり中の壁一面に描かれた大きな壁画や窓から眺めるオスロフィヨルドです。
image039
2階には、有名なノルウェー人画家のムンクの絵が飾ってある部屋もありました。
image041
・アーケルブリッゲ
オスロ市庁舎から見て右手には、元造船所であった赤茶色いレンガの建物からなる
アーケルブリッゲセンターがあります。
こちらは新たに開発されてマリーナとなったエリアで、
日本に例えるなら横浜の赤レンガのような人気スポットです。
多くのカフェやレストランをはじめ、ショッピングモール、ミュージアム、高級住宅もあり、
天気がいい日は日光浴を楽しむ人やテラス席で食事を楽しむ人が多いので、地元気分も味わえます。
冬も夏も、美しいフィヨルドを眺めることができる素晴らしい場所です。
image045

オスロは、いたるところに緑があふれていて、何通りもの散策を楽しめる魅力的な都市です。
一歩足を伸ばせば、フィヨルドのように大自然を満喫できる場所もあり、
豊かな自然はノルウェーの人々の生活において身近な存在になっています。
私はまさにこれこそが、幸福度を上昇させる要素ではないかと思います。
みなさんもぜひ!ノルウェーへ遊びに足を運んでください。

◆最後に3ポイント自己紹介
1.今年で来日して10年が経ちました!ワーキングホリデーで来日、大学生活4年間、現在、社会人5年目で!これからも悔いが残らないように毎日を楽しみます。
2.食べることや飲むこと(クラフトビール&日本酒)が大好きで、来日して10kg太りました。その分、素敵な方々とご縁ができ、繋がることができて、幸せな思い出も沢山増えました。(体重だけは減らしたいです。)
3. やっとノルウェー語の勉強を始めましたが、いつもChapter 2止まりで、なかなか進まないです(笑)。ノルウェー語の勉強に興味がある方を大募集中です。

マザーハウスの最新情報をお届けします

メッセージを送る

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram