MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第8回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

一目惚れした天国の島 ギリ島(インドネシア)

2016.02.29
tsushima

WRITTEN BY

對馬史 二子玉川ライズ店

本日、世界のおすすめの街をご紹介させていただくのは、
二子玉川ライズ店に勤務しています對馬です。

突然ですが、みなさんにとって、旅行の醍醐味とは何ですか?
キレイな景色を見ること?
素敵な人に出会うこと?
新しい自分に出会うこと・・・?

そのすべてを満たしてくれる、
地球上の天国があるとしたら行ってみたいと思いませんか?
image001

今回私がおすすめするのは「ギリ島」というインドネシア、バリ島に属する小さな島です。
バリ島のガイドブックをいつか書きたいな~なんていう妄想をしてしまうくらい
バリ島が大好きな私が、一度行って一目ぼれをした秘密の島です。

この街のおすすめポイント

1. 自分のペースで。一瞬たりともせかされることのない島
2. 海風にあたりながら、フェリーで水上ドライブ
3. 交通手段は徒歩、自転車または馬車のみ。だから見られる美しい景色
 
 
おすすめポイントその1
自分のペースで。一瞬たりともせかされることのない島

どんな島なのか説明する前に、百聞は一見にしかず、ということで・・・
どうぞ写真をご覧ください。
image003
image005
image007
image009

朝はビーチをランニング、汗をかいたら海に飛び込み、朝ご飯はビーチでパンケーキ。
昼まで海でのんびりし、夕方まで島で買い物。
夕日が沈むのを眺めて、充実した一日に感謝・・・

ギリ島は、心に余裕を作れる島かもしれません。
誰もが自分のペースを取り戻せる、一瞬たりともせかされることのない天国の島。
 
 
おすすめポイントその2
海風にあたりながら、フェリーで水上ドライブ

さて、そんなギリ島に行くには、バリ本島から出ているフェリーを使います。
おすすめの季節は、4月から10月の間。
常夏のバリですが、11月から3月は雨期なので、突然の雨が降る心配も・・・
(ギリ島に行くには町にあるチケット屋さんを訪ね、フェリーのチケットを購入します。
往復で一人1万円ほどかかります。出発当日は、宿泊しているホテルまで
バスが迎えに来てくれます!フェリー乗り場までのドライブも楽しい♪)

まず、フェリーが魅力の一つなんです。
image011
image013

フェリーの屋上では海の風に当たりながら
バリ本島から2時間ほどの水上ドライブが楽しめるんです。
バリのビール、ビンタンビールも売っていますよ。

さあ、ついに到着!
image015

まず水の青さに息をのみます。
エメラルドグリーンのペンキをこぼしたような美しい色。

泊まる場所は、どこにしよう?
ゆっくり自転車で見て回ろう・・・
image017

いいコテージを見つけたら、値段交渉。
交渉次第で4000円ほどで泊まれることも。

ちなみにこのコテージに付く素敵な朝ご飯はこちらです。
image019

美味しそうでしょう?
パンケーキが焼けるまで、朝一の海で泳いでももちろんOK。
モーニングはコテージの値段に含まれていますのでご安心を。
 
 
おすすめポイントその3
交通手段は徒歩、自転車または馬車のみ。だから見られる美しい景色

そして、この島の大きな特徴は車やバイクがないところ。
交通手段は、徒歩か自転車、馬車のみです。
だから、騒音もなければ排気ガスもないんです!
image021

そのおかげで見られるのが、こんなに綺麗な景色。
もちろんバリ本島から見る夕日もじゅうぶん素敵ですが、
ここから見る夕日は格別です。
image023

みなさんビールを片手に、今日の幸せにかんぱーい!
image025

夜ごはんは、夜市でアジアンな食べ物を探すもよし、
屋外レストランやバーで生演奏を聴きながら楽しいひとときを過ごすもよし・・・
image027

自転車を使って1時間ほどで一周できてしまうこの島は、
なんとなくみんながのんびりとした気分になれて、
通りすがる人どうしは自然とあいさつを交わしてしまう。

ギリ島には笑顔の人しかいません。
みんなを笑顔にしてくれる島、それがギリ島です。
 
ぜひ一度、天国の島ギリ島に行ってみては?

メッセージを送る