MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?

コラム一覧をみる
第6回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

そっと作り手の意思を感じる ウィーン(オーストリア)

2016.02.22
tatekawa

WRITTEN BY

建川蒔 小田急新宿店

こんにちは。小田急新宿店の建川です!
新卒入社後、早一年が経ちそうで、時の流れの速さにどきどきします。
私がおすすめする世界のこの街は、オーストリアのウィーンです。

この街のおすすめポイント

1. 作り手の想いを肌で感じられる場所がたくさん
2. 意外に静かなクリスマス
3. 丁寧で親切な人柄
 
 
ウィーンと言えば、モーツァルトや少年合唱団などが有名ですね。
音楽の都のイメージが強いかもしれませんが、
今回私がご紹介するのは「クンストハウス」という建物です!

オーストリアの有名な建築家、フンデルトヴァッサーの設計です。
静かで荘厳なヨーロッパらしい街並みの中、ひときわ目立っています。
思わず笑顔がこぼれるような、ポップでかわいい建物です!
image001
image003

フンデルトヴァッサーは自然を愛する芸術家で、
デザインには直線が使われていません。
合理主義を拒否する姿勢を表すために、直線を使わなかったと言われています。

自分の信念を言葉にしたり、形にしたりすることで、
周りを幸せにできるって、本当に素敵だなあ、と思います。
私は建物を見て
「どうやって作ったの?」
「どうして作ったの?」
など永遠に考えていられるのですが(笑)、
規則性のないやわらかな曲線はたまらなく興味をそそります。

時間を忘れて、静かにどきどきわくわくしたい方、
ぜひ行ってみてください!

建物の中には、様々なアートの展示やカフェなどがあります。
緑あふれる、気持ちが良い空間です。
初めてのヨーロッパ旅行、ほっと気を緩められたひと時でした。
image005

私がウィーンを訪れたのは、クリスマスの真っただ中!
というわけでクリスマスマーケットを見に行きました!
静かな街の中で、そこだけお祭りのように賑わっている様子は、一見の価値ありです。
ただしとてもとても寒いです。。
image007

「そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

クリスマスだったため、現地のレストランはほとんど空いていませんでした。
オープンしているお店はどこも予約でいっぱい。

ホテルの方が、
「時間は少し早めでも?」
「2時間だけでも大丈夫?」
など確認しながら、一生懸命いろんな店に電話してくれました。

なんと30分以上も探してくれて予約を取ることができたのです!
遠い国で、日本人に似た丁寧さのようなものを感じ、
とても温かい気持ちになりました。

メッセージを送る