MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
子供たちが世界に出会う瞬間 ~Social Action for Future~

子供たちに世界への興味をもってもらえるように。小・中・高校生を対象に始まったマザーハウスの"Social Action for KIDS"プロジェクト。小学生向けのDIYイベントや、中・高校生向けに開催された講演会の様子・子供たちの感想をご紹介していきます。

コラム一覧をみる
第9回 子供たちが世界に出会う瞬間 ~Social Action for Future~

さいたま市立大成中学校へ行ってきました!

2019.03.14
IMG_8086

WRITTEN BY

廣瀬翔太郎 横浜ベイクォーター店

みなさま、こんにちは。
マザーハウス横浜ベイクォーター店、店長の廣瀬翔太郎です。

2月27日(水)、さいたま市立大成中学校へお邪魔してきました。
参加いただいたのは中学2年生、180名です。
IMG_8080

事前に「裸でも生きる」をほとんどの生徒さんが読んでくださっていて、準備万端!
私自身のストーリーを交えながら「マザーハウス」という会社を説明したのですが、
みんなの真剣な眼差しがとても印象的でした。

また質問の時間になると講演を聞いている時とは表情が一変して、
終始にこやかで楽しい雰囲気でのやり取りとなりました。
そんな中でも「店長として次にしたいチャンレンジは何ですか?」、
「ファッション業界で働くために今できることは何か?」という質問や、
「将来自分も途上国のために働きたい!」という嬉しい感想も聞けました。
今回の講演で、少しでもみんなに新しい世界を提供できていたら嬉しいです。
IMG_8082

先生から一言
いろいろな視点からのお話で、とても刺激されました。
普段手にするモノに対して、モノとしての価値しか捉えていなかったのですが、
今回のお話を聞いて、素晴らしい素材を、素晴らしい技術で産み出した生産者の「想い」。
途上国のモノに光をあて、生産者の想いを伝えようとする販売者の「想い」。
そしてお客さんの、そのモノに対する「想い」。
一つのモノには、様々な「想い」が込められており、1つのストーリーにつながっている。
とても素敵だなぁと感じました。
廣瀬さんのお話から、自分の今目の前にある仕事にも新たな視点が加わって、大変勉強になりました。
誠にありがとうございました。
岡崎拓人先生より
IMG_8085

生徒のみなさんから一言
20190308173811_00001 - コピー (3)
20190308173811_00001 - コピー (4)
20190308173811_00001
20190308173811_00001 - コピー (2)
20190308173811_00001 - コピー

関連するページや商品

メッセージを送る