MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
子供たちが世界に出会う瞬間 ~Social Action for Future~

子供たちに世界への興味をもってもらえるように。小・中・高校生を対象に始まったマザーハウスの"Social Action for KIDS"プロジェクト。小学生向けのDIYイベントや、中・高校生向けに開催された講演会の様子・子供たちの感想をご紹介していきます。

コラム一覧をみる
第2回 子供たちが世界に出会う瞬間 ~Social Action for Future~

大妻中野高等学校へ行ってきました!

2018.10.11
DSC_0115

WRITTEN BY

田村江里 ジュエリー北千住店

みなさん、こんにちは。
ジュエリーマザーハウス北千住マルイ店店長の田村江里です。

2018年6月23日(土)、大妻中野中学校・高等学校にお邪魔してきました。
参加いただいたのは、グローバルリーダーコースに在籍している高校1~3年生、156名。

DSC_0093

海外帰国生が多いというグローバルリーダーコースの生徒のみんなはとても積極的で素直でした!質問をすればすぐに手を挙げて何人もが意見を言ってくれたり、ワークショップの時間も終わりになってもまだ議論がわいわい続く活気あふれた雰囲気。

とにかく積極的で行動力のある生徒のみんなの意見に私の方が刺激をもらえた時間でした。
途上国に興味はあってもビジネスという視点はなかったからこれから考えたい、デザイナーになりたい、など、みんながキラキラの笑顔で話してくれた夢が実現するのが今から楽しみです。

DSCF7301

先生から一言
学校という保護され閉ざされた空間にいると、変化する世界の「リアル」を実感することは非常に難しいことです。学生たちの世界は、家族と学校の友人たちとの住み慣れた世界だけから成り立っている切り取られた世界だからです。
そのような彼女たちの世界に一陣の風を吹き込んだのがマザーハウスの講演会でした。
講演会では「一歩踏み出すこと」「可能性を信じること」の重要性を生徒に訴えました。
起業するという夢を見るためには、それにともなう困難さを克服することと、行動を起こす勇気が必要です。
生徒たちにとっては未知の世界である世界に一歩足を踏み入れた瞬間でした。
中川徹夫先生(写真右)より

On June 23, 2018, Eri Tamura visited Otsuma Nakano and gave a lecture titled “Meet the New World” for Global Issues Studies students at Otsuma Nakano. This lecture was really an eye-opening experience for our students. The lecture provided details about foreign countries that helped to support a global mindset or improve the way our students view foreigners and foreign countries and economics. Our students also learned that money is not always the best thing to give to people in developing countries that are in abject poverty, and through global leadership, great partnerships can be made with developing countries. During the lecture, all of our students were active and attentive. Many of them spoke directly to Eri Tamura after the lecture and impressed her very much. All in all, this was an outstanding lecture that will shape the minds of our students for years to come thanks to the great communication skills of Eri Tamura.
Willie Vickers先生(写真左)より
DSC_0113

生徒のみなさんから一言
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10

関連するページや商品

メッセージを送る