MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
働くお母さんのお仕事日記
第12回 働くお母さんのお仕事日記

「はじめてのおつかい」効果

2016.01.20

こんにちは。
母4年生、人事など担当工藤です。

「はじめてのおつかい」というテレビ番組、ご存じですか?
私は以前から大好きで、いつも録画して見ています。

小さい子どもがさまざまなおつかいに、
1人、あるいは兄弟だけででかけていき、さまざまなドラマがうまれる
感涙必至のドキュメンタリー。
今年は違った意味で興味深い番組となりました。

というのも、娘3才になり、
テレビの内容などもかなりわかるようになってきました。
その録画を一緒に見ていたら、

最初は、
娘「ねえねえ、なんで、この子ママいないのー? ママいないのにおかいものいくの?!」
母「1人でがんばってお遣いにいくんだって、すごいねー」
など、やりとりをしていたものの、

そのうちだんだん、口数が減っていき、
いつになく真剣なまなざしでテレビの前に鎮座。
同世代の冒険に大いなる刺激を受けている様子でした。


そして、次の日。

突然、保育園の帰り道、
「きょうは、おうちまで、はしってかえる!」
と、
いつもは自転車で帰る約1kmの道のり(冬なので真っ暗)を
いきなり走り出しました。
しかも
「うわぎ、きない!!」
と、そこは何故?!と疑問いっぱいですが、
とにかく、上着も着ないでダッシュ。

途中、犬の散歩中の人たちに向かって
娘「ワンちゃん、かわいいね~」
散歩の人「あら、ありがとう。おじょうちゃんもかわいいわよ~、走ってえらいねー」
娘「うん♪」

娘「ずっとはしって、すごい~?」
母「うん、びっくりしちゃったよー!」
娘「えへへ~」
などと、ちょいちょい会話を挟むことで
モチベーションをチャージしつつ、
家まで完走。

いつも甘えん坊(というか怠惰…?笑)で、
すぐに「だっこ~」という娘なので、
走り切った時には本当にびっくり。

娘「あしたも、はしってかえるね!!」
まるで昨日までと別人。

全身をアンテナにして、感じること、
そして、それをすぐに行動すること、(走って帰る、の行動の意味はさておき…ですが)
こうして子どもってどんどん成長していくんですね。

成長=感性×行動力、かなー。
30も半ばをすぎた私にはまぶしいわ~と言いそうになりますが、
年齢を言い訳にしちゃいけないですね!
感じて動く1年にしたいと思った工藤でした。まずは、産んでからですが笑。

では、また!

mamablog20160120

関連するページや商品

メッセージを送る