MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
働くお母さんのお仕事日記
第9回 働くお母さんのお仕事日記

あー、サンタ来てほしい

2015.12.04

こんにちは。ママ4年生、人事など担当工藤です。

街もマザーハウスのお店も、クリスマスの12月。

我が家でもサンタを楽しみに…していると思いきや、
うちのビビりな娘(3歳)、
私が「いい子にしてるとサンタさんプレゼントもって来てくれるかもよ~」と言うと、
『……、や~だ~~、こないでほしい~!(泣)』
恐怖の顔に。
大きいおじさんがいきなり家に来るなんて怖すぎる、
ということみたいです。
工藤家のクリスマスは、サンタ怖くないと刷り込むところから始まりそうです(笑)。

さて。
先週末、採用説明会を開催しました。
約90名の方にお越しいただいたのですが、(ありがとうございます!)
女性の比率がこれまで以上に高く、華やかな場内でした。

後半のQ&Aセッションでやはり出てくるのが、
「出産してもいきいき働ける職場かなと思って」
というお言葉。
「働くママに対してどういう制度が整っていますか?」
というご質問。

みなさんに胸をはって、
『とてもママが働きやすい会社ですよ!ぜひご応募を!』
と、
お伝えできたらどんなにいいか…と思いますが、
まだまだ飛び越えるべきハードルはたくさんあります。

小売りをしている私たちにとって、
忙しいのは夕方以降と土日がメインのお店がほとんど。
だけど、ママにとっては、夕方以降働くことと、土日に働くことは、
大きなハードルなのです。

私は今、事務所勤務なので、土日勤務は数日ですんでいるけれど、
今後増えるお店のママスタッフはどうしていこう。

本当に難題。最近毎日毎日、ぐるぐるこれを考えています。

工藤の最近の頭の中:
(平日夕方と土日だけ働きたい学生さんをうまく見つけられないだろうか。そのためのアクションプランは?)
(アルバイトさんと組み合わせることによって、人件費に余剰が生まれてしまう場合、その解決方法は?夏休みの時はどうする?)
(そもそも平日昼間しかやらないお店って作れないのか?)
(平日昼間にお客様が集まる場所ってどこだ?巣鴨?)
(店舗だけど店舗以外の売上をあげる施策はもっと考えられないのか?)
(地方にお住いの方向けに、スカイプで接客させていただくサービスはどう?予約制で!)
(土日夜、いつでも預けられる保育園をつくればいいのか?)
(最大何人がママスタッフという状況を想定するのが妥当なんだろう)

もうちょっとちゃんとロジカルにまとめろ、と怒られそうですが(笑)
毎日、あたまはこの案件でいっぱいです。

大変だけど、それ以上に楽しい子育て生活、
それぞれのママスタッフが、笑顔で戻ってこれるように、何ができるか、

あー、サンタが何か知恵をプレゼントしてくれないだろうか…。
なんという他力本願…(苦笑)。

では、また!
mamablog20151204

関連するページや商品

マザーハウスの最新情報をお届けします

メッセージを送る

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント

Instagram