MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
ジュエリーマザーハウスの日々。

このマガジンでは、ジュエリーマザーハウスの最新情報とともに、都会の中でふと 肩の力を抜いて笑顔になれるようなあたたかい日々の様子をご紹介していきます。

コラム一覧をみる
第49回 ジュエリーマザーハウスの日々。

個性を重ね合わせて、一つのジュエリーに。新作”Naked Sapphire -Kasane-”

2021.11.16

こんにちは!ジュエリー生産担当の稲葉です。
2021年も残すところ50日をきりました。年の暮れを少しずつ意識するようになりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回はジュエリーマザーハウスが総力をあげてつくった、クリスマスの新作ジュエリー”Naked Sapphire-Kasane-”と、そのモノづくりの向こう側をご紹介させていただきます。

”Naked Sapphire”は、サファイアの原石のありのままの色とかたちをお楽しみいただける人気のシリーズです。そして”Kasane”は、”Kasane”は、希少な天然無処理のサファイアを2つ「重ねて」つくりしました。

原石を活かしてカットされたサファイアは、色もかたちも異なります。たくさんの組み合わせの中からたった一つの組み合わせを職人が選び、自然と重なる立体感のある仕上がりに。金の台座は一つひとつ異なり、2つの石が重なる絶妙のバランスを生み出しています。

デザイナーの山口は「誰しも二つの物事で板挟みになったり優先順位に悩むことが多く試行錯誤する。そんな中でも二つが均衡する美しいバランスはきっと見つかるんじゃないか。そんな「エール」をこのジュエリーに込めたい」そんな想いをデザインに込めていました。

バトンをもらった私たち生産チームは考えました。
「サファイアをどうやって重ねるか?」

2つのサファイアを載せると上の石が滑ってしまい石が留まりにくく、重要なのは原石を支える金の石座。

何度もサンプルを日本に送ってスリランカの工房にフィードバックし、試行錯誤を繰り返した結果、通常は平らにする台座を、一つ一つの石のかたちに合わせて立体的につくるやり方を見つけました。

「石座は平面でないといけない」という当たり前ことを疑うこと。その気づきから、”Kasane”が完成しました。

同じかたちでなくても良いし、同じ大きさでなくても良い。不均一だけれど、ありのままのその人らしいジュエリーとして
ご自身にとっての唯一無二をみつけていただければ幸いです。一人ひとりにとって、エールとなるジュエリーになりますように。

1枚目画像:左から)Naked Sapphire(Kasane) グリーンサファイア×イエローサファイア 84,700円(税込)、ピンクサファイア×ブルーサファイア 89,100円(税込)ブルーサファイア×ブルーサファイア  92,400円(税込) 素材: K10 Gold 、サファイア  
※色合い・サイズ・大きさには個体差があります。

▶Naked Sapphire シリーズのラインナップはこちらから

メッセージを送る

seventeen − sixteen =