MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
ジュエリーマザーハウスの日々。

このマガジンでは、ジュエリーマザーハウスの最新情報とともに、都会の中でふと 肩の力を抜いて笑顔になれるようなあたたかい日々の様子をご紹介していきます。

コラム一覧をみる
第43回 ジュエリーマザーハウスの日々。

国を超えて、つながるバトン ~新作ジュエリー“翠”をめぐるモノづくりストーリー~

2021.05.31

こんにちは!
ジュエリーマザーハウス・生産担当の稲葉です。

今回は、インドネシアから届いた、
新作ジュエリー“翠(みどり)”にまつわる生産国とのエピソードをご紹介します。

新しいジュエリー “翠”は、
インドネシアの人たちから「インドネシア翡翠(ひすい)」と呼ばれる
温かみのある緑色の天然石・ネフライトをつかっています。
翡翠は「硬玉」といい、ネフライトは「軟玉」、
色合いが似ていますが、ことなる石です。

初夏のジュエリーづくりを模索していた当初は
私たちは5月の誕生石・翡翠のような
鮮やかな緑色のカラーストーンを探していました。

生産国の一つであるミャンマーが
世界最高級の翡翠の産地といわれていますが
昨今の政情不安のなかで探し出すことが難しい状況でした。

そのため、ミャンマーでは翡翠探しを諦めざるをえず、
工房のみんなが悔しさをにじませていましたが、
この状況の中で立ち上がってくれたのは、なんとインドネシア工房のスタッフたち。

インドネシアに翡翠があるのかを調べた結果、
インドネシアの西部にあるスマトラ島の北に位置する
アチェ州というところに「インドネシア翡翠」と呼ばれる石があるとわかったのです。

新型コロナウイルスの影響でインドネシア国内の移動が難しいなか、
現地パートナーである笠原さんが、アチェに住んでいる
古くからの友人に連絡をとってくれました。

そして採掘している人たちと遠隔で連絡を取り合いながら、
インドネシア翡翠と呼ばれる天然石・ネフライトを見つけだしたのです。

アチェから送られた原石は、色の濃さや模様などがさまざま。
素材の個性を大切にする、
私たちのモノづくりにぴったりでした。

さっそくネフライトでジュエリーをつくるため、
石は中部ジャワのカット職人のもとに届けられました。
ひとつひとつの個性を生かすため、原石はシンプルなマーブル型にカット。

そして私たちの工房のあるジョグジャカルタで、
一枚の金の板にオリジナルのテクスチャーを施して、
カットされた石と組み合わせることで、新作“翠”が完成しました。

アチェ、中部ジャワ、そしてジョグジャカルタ。
インドネシアのそれぞれの地域がつながり合って生まれた“翠”のジュエリー。

インドネシアのみんなは
「ミャンマーのみんなの想いから、このジュエリーは生まれた」と言ってくれました。

ミャンマーから、インドネシアへ。
国を超えて、諦めきれなかった想いを、ジュエリーがつないでくれたのです。

このジュエリーづくりをきっかけに、
また前を向いて、新しいモノづくりに挑戦を続けていきたいと思います。
これからもみなさまに、ジュエリーを通して明るい気持ちをお届けできたら幸いです。

ジュエリーマザーハウス
稲葉潤紀

▶”翠”シリーズのジュエリーラインナップはこちらから

メッセージを送る

11 + 5 =