MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
ジュエリーマザーハウスの日々。

このマガジンでは、ジュエリーマザーハウスの最新情報とともに、都会の中でふと 肩の力を抜いて笑顔になれるようなあたたかい日々の様子をご紹介していきます。

コラム一覧をみる
第42回 ジュエリーマザーハウスの日々。

“Keep Walking” in Indonesia

2021.02.18

こんにちは!
ジュエリーマザーハウスで、インドネシアの生産管理をしている笠原です。
日本も少しずつ暖かくなっていると聞いていますが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私たちの工房があるインドネシアのジョグジャカルタでは、
コロナの感染拡大をうけ、今までとは違う方法でジュエリー制作を続けています。

コロナが始まる前までは、職人は各自の家でジュエリー制作をおこない、
出来上がり次第、工房に納品に来るというシステムでした。

今は工房に人が集まることを避けるため、
工房に1日4名限定で一人ずつ来てもらうというシステムで
工房を維持し続けています。

そしてこの工房で毎日研磨や検品をしてくれているのがこの3人の健康女子!

blog_01

そんな彼女たちがお気に入りなジュエリーは、
デザイナーの山口が大事にしている言葉「Keep Walking」を
テーマにしたジュエリーシリーズ。
商品の中で研磨が難しいと彼女たちは言いますが、
軽くて動きがあってかわいいと人気です。

▼Keep Walkingの商品はこちら
harushizuku_blog_800_444_B

そんな彼女たちもコロナ禍の中で工房と自宅の往復のみで
単調な生活を送っているため考えたのがKeep Walkingコスプレ!

blog_02

ミフタ(写真右)は真っ先にゴールド役を買って出ました。
ユナ(写真中央)はKeep Walkingの歌を作ってくる!と、笑。
いつも控えめなチットラ(写真左)はコスプレの色やポーズ等の確認をしていました。
みんな性格は違いますが、この工房で助け合って一緒に歩いているメンバーだけに、
まさに「Keep Walking」そのものなのです!

常にオーダーと出荷の間に挟まれ、立ち止まっている余裕はなく、
みんなで歩き続けて助け合ってさらに歩き続けて出荷をする。

時に意見の違い、やり方の違い等でいやな空気が流れることもあるでしょう。
それでも皆最終的には助け合って歩き続けた先に、
さらに道が見えてくるのです。
歩き続けることがどんなに尊いことか、楽しいことか、
逆にコロナ禍の中で今までになく強く感じています。

しばし立ち止まることも時には歩くために必要でしょう。
しかし立ち止まったままだと次の一歩がとても重い、、、。
だからこそどんな状況下でも自分なりに「歩き続ける」ことが大事なんですね。

さあ、一緒に「Keep Walking」しましょう!

メッセージを送る