MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

本がでた。

2016.12.07

ついに本が出版されました〜。

うう・・・、長かった・・・・・涙。

結構、達成感ある。。じわりじわり。。。

「裸でも生きる2」から「裸でも生きる3」までその間、
7年という月日がありました。
(次の本はまた7年後かしら・・・)

よく、「やっぱりライターさんが書いているんですか?」って
言われますが、200%自分で書いています。
(200%の意味はやり直しや没も含めてってこと笑)

1つだけ言っておきたいことがあります。
私、作家じゃありませんので文章のきれいさを期待しないでください。

1つだけ言えることがあります。
全部、リアル。さらに現在進行形。

だって、先週オープンしたジュエリー専門店が、最終章なんです。

勿論、入稿作業はお店の床貼りが終わったくらいなんだけど、
そんな直近の話しが本屋にのっているってどんだけオンタイムなんだ、、と
思います。

モノ作りに興味のない皆さんには、あんまりそそられない章も
あると思いますが、挑戦の日々は実は異常なまでにミクロな話しの積み重ねなので
つまらないかなーって思いながらも事実を書きました。

やっと出版したけれど、私にとってのハードルは続く。出版イベントだ。

700人も満員で、この前お客様対応宛に「キャンセル待ちできますか」って
お問い合わせがあった。
(私はその熱意に感激して「いいじゃん!是非」って事務所で言ったら
「ルールなのでだめです。」って言われた。。。ガク・・・。)

たくさんの方がわざわざ休日に来てくださる意味を考えていたら
余計緊張したので、私は緊張をまぎらわすために
去年に引き続き、特製自家製しおり(笑)を作っている。
(講演の準備は嫌だから何もしてないのに、こっちの方が俄然楽しい私でした・・・)
siori

関連するページや商品

メッセージを送る