MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

珍道中

2016.04.22

思い出すとこのタイトルのブログをよく書いている気がするのですが・・・。

昨日は長崎で講演でした。

また飛行機か、、、とブルーな気持ちで羽田空港に行くと掲示板に
「天候不良のため引き返すか博多空港に行く可能性があります」と。

(ガーーン!)

広報のあこちゃんに急いで電話。

「どうしよう・・・・。飛ばなかったら大迷惑な話しだ。。。でも午前の長崎便は引き返してきたって・・・」
と話したら

「今回の講演はマハティール元首相も出るもので、、、」と。

「うわ・・・。」

そして参加してくださる方の人数が700名以上というもの。ぐずぐず悩んでいるともう乗る時間に。。

「福岡便は問題なく到着している!」(私)
「福岡に行って、電車で長崎にいったら30分くらい遅れますが着きます!」(あこ)
「でも長崎便も着陸するかもしれない!」(私)
そんなやりとりをしながら、係の人に
「どれくらいの確率で到着しますかねえ。。。」と馬鹿な質問をしてみると
「なんとも言えません。」ときっぱり回答された。

そして「引き返す可能性があるため、追加の燃料を搭載しておりまして出発が遅れます。」と更に怖いアナウンスが流れた。

「まずいぞまずいぞ!!!」

でも時間は酷なもので止まってくれない。

青ざめていると長崎出身らしいおじさんが優しい声で私の方に来て言ってくれた。

「上で旋回すると思うけど、まあ着きますよ!大丈夫だよ!」と励ましてくれた。
「ありがとうございます!!涙!」と私は何もしていないのになぜか励まされ、
不安と勇気をもって大嫌いな飛行機に乗ったのだった。

「機内に入っても更に燃料追加しています」と再びアナウンスで、ブルーになるのは私だけ。

その理由は、翌日=今日、私はバングラ行きのチケットを福岡空港から取っていたのだった。
“もし羽田にかえってしまったらバングラに行けなくなる。”と思い、私は急いで係の人に頼んで最終便の羽田発福岡行きをバッファーで予約したのだった。

「着きますように・・・。講演に間に合いますように・・・・。バングラに行けますように・・・・。更にバングラからネパールに行くチケットも抑えているためネパールにも行けますように・・・。」と神様に申し訳ないほどたくさんの願いごとと共に出発した。

そして、グラグラと揺れる中、私は無事長崎に到着したのだった涙。
たくさんの長崎の皆さんとステキな時間を過ごさせて頂き、夜23時半、博多に到着。

そして朝6時。福岡空港に向かう途中なんと「国内線」の方に到着してしまった。。。

「え!!!国際線です!!国内線と場所違うんですね!?」と本当に迷惑なお客さんだった。タクシーの運転手さんは

「え!!!てっきり東京の方だと言っていたので東京に帰るものだと思っていました!」

「ですよね!確かにそう思いますよね!!涙。私、これから香港に行くんです!」
「香港!」
「香港っていうか、その先のバングラデシュという国に・・・・。」

もうてんやわんやの早朝の福岡空港。

私は出張がはじまっていないのに、なんだか安堵と疲れでいっぱいです・・。
行ってきます・・・。

メッセージを送る