MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

スリーウィール

2016.04.11

コロンボは、明日あたりからお正月休みに入ります。

ここでは7割が仏教で、仏教の教えも日本とは比較にならないくらい
厳格に、伝わっています。

「お正月はどうするの?」と聞くと
「田舎に帰る」だったり
「家族が結婚式をあげるからそれに参加する」と
言われました。

一週間程度のお休みということで、
さすがに今日は、日本でいうところの大晦日?なので、
人ががらっと減ったなーっていう印象でした。

ところで、そんなコロンボで今日は、念願の!
3輪自動車に乗りました!!!

これ、見た時に「わー!!CNGだあ!」と思いました。

バングラではクリーンナチュラルガスの略でCNGっていうんです。
でもそれをこっちの人にいったら笑われました。なんなのそれって。

こちらではもっとモダンで、スリーウィール(そのまま3輪)と
言います。

あら、やっぱりコロンボは先進的だわ、と思いましたが
私はCNG、CNGと心で思っています。

まあそんな3輪自動車は、途上国ではトヨタの車よりも
一般の人に普及している乗り物です。

色は様々で、インドでは赤もあるし、バングラは今はレアになりましたが
グレーなんかもありますが、やっぱりコロンボでもメインは
緑色。

(色に意味はありません。)

何がいいって、風がびゅんびゅんくるところ♪

さて、なぞなぞ。

バングラとコロンボのスリーウィールの違いはなんでしょうか?

答えは、

運転手さんと乗る人の間にフェンスがあるかないかです!

ある方がバングラ。なぜなら運転手さんは時々事件で、
乗っている人に後ろから嫌がらせされたり、危ないことが
あるらしくって、身を守るために始まったのです。

いつもフェンス越しの風景が、コロンボは、すっからかんと前が見えました。

それだけでなんだかちょっと違う乗り物に思える。
そしてコロンボの運転手さんは、バングラよりも安全運転です。
信号でちゃんと止まる!
でもバングラのは風がもっとビュンビュン気持ちいいです。
国それぞれ。人それぞれ♪ 楽しい発見でいっぱいです。

three wheels

メッセージを送る