MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

仙人。

2016.02.29

今日も新しい職人さんと出会えた。

『仙人』と呼ばれているからどんな人だろう?と
思ったら、本当に仙人みたいだった。

あの、ドラゴンボールの亀仙人です。
sennin

「いくつですか?」

「52歳。でも元気だよ。」

なぜなら深夜1時から魚釣りにいって
朝方帰って来て、まだ寝ていないのに
こんなに仕事しているだろう!って。

しかも大きな牙が映えた魚を
釣ったんだって!

「学生か!?」と言われて
「ブルン(いいえ)」と言って、
笠原さんが「社長だよ。」と言ったのですが、
ニヤニヤしながら多分あまり信じてもらえず苦笑。

Tシャツで、インドネシア語勉強しているんですと
いえば社長なんて無理があるよな、、と思いましたが
「やってごらん」と言われて道具を使わせて
くれました♪ 

「ガンパン!(簡単だ)」と言ってやりました♪

日本だと肩書きがあると窮屈だし、はじめて会う人も
なんかフィルター通してみられていることが多くて、
全然関係ない世界が大好きです。

日々、新しい出会いと、新しい知識が得られるのも
本当に楽しい。

気がついたら、今回は10個以上も新しいもの
作ってた。

でも私は、個数よりも、新しい技術をいくつも
試す事ができたのが、何より嬉しくって、
早くそれらを掘り下げて、
お店のみんなに見せられる日がきたらいいなって思った。

メッセージを送る