MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

ジャッキー。

2015.12.29

工場で、犬を飼いました。

名前はジャッキーと言います。

jacky

なめし工場がある、ハジャリバーグからきました。

そこは起業した場所なので、10周年になる直前に、
この子がうちの工場の仲間になるなんて、
神様からのプレゼントのように思いました。

「ジャッキーっていうんだよ。」

モインさんが教えてくれました。

「誰がつれてきたの?」

「カルだよ。ハジャリバーグにいて、
かわいいと思って、持って帰ってきちゃったんだよ!」

カルは、私が大好きな運転手です。
カルもジャッキーみたいにかわいいですが、
このジャッキーはもっとかわいいです。

「ねえ、ジャッキー。アプナルボヨシュコト?(何歳?)」
「5ヶ月です。」by モインさん。
5ヶ月なのに、どうしてこんなに大きいんだろう?!

ジャッキーは私のスカートの中をぐるぐる回って、
自分から寝っ転がったりして、とても上手に遊びます。

私も、一緒に工場の外で、遊んでいると
ジャッキーの首輪に、うちのレザーが使われていることが
わかりました!!!

更に、Dリング(バッグで使う持ち手と本体の接合部の金具)
がついているではありませんか!!
「誰だ!ジャッキーにDリングをつけたのは?!!」

私は大笑いしながら、質問したのですが
みんなはなんだか内緒にしているようでした。
「ジャッキーには素敵な首輪を作ろう。」

私は、サンプルが一段落したらキュートな首輪を
作ろうと思いました。

「ねえ、ジャッキーも中に入って作りたそうだ。」
私がそういうと、モインさんがすかさず
「だめだ!!!」と言いました。

(ちぇ・・・)

とにかく、マトリゴールのスタッフが、160人と1匹になった
素敵な記念日でした。

マトリゴールと共に、大きくなるんだねジャッキー。

メッセージを送る