MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

予定表

2015.10.15

サンプル作りが続いている日々。

どことなく涼しくなったバングラ。

朝から晩まで私は型紙を切ってから、
ダミーバッグを作るという作業を
ここ8年くらい繰り返している。

春に向けてすごく新しい、けれど
マザーハウスらしいものを作りたいなと
思っているんだけれど、なかなか前に進まない。

だけど、現状では足りないものがありすぎて
日々問題を発見してばかり。

あの材料足りないわ。

あの道具足りないわ。

私の知識足りないわ。

って感じで、撃沈状態が続く。

今日なんか、マスキングテープを
3つも使い果たしてしまった。

結構先見えないなー。

でも春だしまだ時間あるかなー。

あるよなー。(最後は言い聞かせている。)

自分のグーグルカレンダーをちょっと見てみることにした。

(私のスケジュールは完全に私は把握しきっていないし、
あまり逐一予定表を見るのは好きじゃない。)

でも、そこに表示されたピンク色の数。(予定=ピンク色で表示される)
それが目に入った瞬間、私はページを閉じてしまった。

気を取り直してまた制作に取りかかるが、
ページを閉じた自分について
心でやや引っかかっている。

だんだんその引っかかりが強くなり、サンプルに集中できなくなった。

(こんなんじゃいいものが作れるわけない!)と
私は弱い自分を克服してから制作にのぞむべく、
大きな覚悟としかめっ面で自分のカレンダーを
再度開き、見つめ続けたのだ。

(フムフム、この日はここで、この日はここで、
フムフム、4週連続土曜は仕事ね、フムフム)

でも、そんなプロセスを経て、思ったのだ。

結局、やることは変わらないじゃん。。

そんな自分との余計な戦いに介入されながらも
サンプル作りはまた続く。

そう、モノ作りとは自分との戦いなのだ。

masking

メッセージを送る