MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

13th anniversary です。

2019.03.10

マザーハウス代表兼デザイナーの山口です。

3月9日に、みなさまのおかげで、マザーハウスは13周年を迎え、
東京・大阪で周年記念トークイベントを開催しました。

バッグやジュエリー、ストール、お洋服を
日々使ってくださる皆さまのおかげで、
「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という夢を
今現在も、スタッフみんなで追い続けられています。

そして今年、2つの国が新たにマザーハウスファミリーに
加わることをここで報告します。

1つ目は、第4の販売国となるシンガポール。

チャンギ国際空港に隣接し、4月に新しく完成する
商業施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」の中にお店がオープンし、
現在、シンガポールチームが準備の真っ最中です。

そして、第6の生産国はミャンマーです。

昨年6月から立ち上げをしてきて、
素晴らしい現地パートナーとも出会いました。

私たちがミャンマーからお届けしていきたいのは
「非加熱天然無処理のルビー」です。

加熱されたルビーではない、天然のままの、
そして原石の形を限りなく残した「ありのまま」の美しさを
みなさまにお届けしたいと思っています。
目指せ6月に発売!で、準備を進めています。

ミャンマーで商品開発を担当している稲葉のブログ
ぜひご覧になってください。

2カ国が加わったことで、
生産と販売をあわせて合計10カ国の展開となりました。

アジア地域だけではありますが、
マザーハウスのスピリットが今後も
各国でしっかりと根を張り、工場やお店が、
周りを明るくする存在になれたらいいなと心から願っています。

そしてそのために、自分自身がデザイナーとしても
経営者としても今まで以上に成長し、アジアを飛び出して、
本当の意味でのグローバルな視点で物事を考え、
判断できる人間になりたいと思っています。

最後になりましたが、ここまで支えてくださったお客様と、
10カ国にいるすべてのチームマザーハウスに心からの感謝と愛を。

①

②

③

④

メッセージを送る