MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

ミャンマーにて。

2018.11.13

「ミャンマー」というブログの新規カテゴリーが加わった笑。

今回は2回目の出張です。

初回は、ヤンゴンとバガンという場所に行き、
今回はマンダレーとモゴックという場所に行き、今ヤンゴンにいて
これから日本に帰るところです。

私なんて、ミャンマー初心者ですが、いればいるほどミャンマーの皆さんが
日本人に近いなあって思います。

近くにいる人たちが日本人っぽいのかもしれませんが、
あまりにも素敵なホスピタリティと、時間厳守なところ、
そして謙虚な姿勢に本当に感動しています。

「ミャンマーっていうのは落し物があれば、必ず帰ってくると
言われています。」と言われました。

本当にそうだな、、、と思える国はアジアで他にあるでしょうか。

それなのに、私自身、ミャンマーのことをあまりにも遠く感じていました。

なんとなく、ちょっと魅惑的で、同時に政治的に怖いなのかなあ、、、なんていう偏見の塊で見ていました。

そんな自分に猛反省の連続です。

この国の魅力や奥深さは、おそらく何年もかかりながら分かっていくことになると思いますが、
それでもお付き合いがはじめられた時点で、私はすでに多くのことを学んでいます。

今のところの最大の印象は、最強の仏教国。

私はカトリックなのですが、
ミャンマーと出会わなければここまで仏教の魅力を知らなかったかもしれない。

勉強したいことが山盛りだーーー♩

モゴックの素晴らしい写真はこちら。
スクリーンショット 2018-11-13 15.16.31

追伸:この旅で感じたことなど、クリスマスのトークライブでちょこっとお話したいなーって
思ってますー。12月16日、詳しくは17日にウェブサイトで告知しまーす!

メッセージを送る