MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

日々。

2017.10.29

つかれたなあ〜。

今回の出張はファイナル&微修正に近いため、
毎日がピリピリモード。

一緒にやっているホクミアが、1つだけ穴をあける箇所に
見事に2つ穴をあけ、
朝から「は?」みたいな感じではじまった。

モルシェドは、超ド級の難しい型紙を仕上げているため、
あまり話しかけないで私は手を進めている。

そんな今日、なめし工場でトラブル勃発。

トラブルっていっても革ではなく、人間関係。

大の大人のベンガル人二人を前に私とマムンさんは
仲介に入る。

(早くサンプルやらなきゃいけないんだから
さっさと仲直りしてよね〜)と私は内心思っていた。

延々とお互いの不満を聞いて、
最後彼らが漸く帰っていった。

そしてマムンさんが大声で
「It’s not my job!」と叫んだ。
久々の雄叫びだった。

「ほんっとにそう!子供に付き合ってる暇なんてない!!」と
私は強く同感の声をあげマムンさんの肩を抱き、
鼻息洗い私とマムンさんはお互いのいるべきテーブルに
戻っていった。

いつもの工場、いつものトラブル、
もう何度こんな日々を過ごしてきただろうか。

でも、乗り越える度に、絆が深くなっていく事、
私たちは知っている。

メッセージを送る