MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

サンクスイベント準備中♪

2017.08.08

スリランカから帰ってきた。

この時期は日本にいることが多いのだけど、それは「サンクスイベント」があるから。11年前にマザーハウスが出来てから、ずっと欠かさずにやってきたイベントなのです。

イベントは、お客様感謝イベントだから、無料にしたらいいのに、って私は最初、超お客様目線で思っていたのですが、実際には無料だったら11年継続するイベントにはなっていないと最近は断言できます(苦)。それくらい、毎年、一瞬でもお客様の期待を裏切ることをしたいなと考え、時間とお金と知恵を振り絞っています。

個人的な裏目標は毎年変わらない「泣かない!!!」。

今回は確実に余裕のある私ですが副社長の山崎はどうなるか分かりません(笑)。
それくらい本気で、そして素直に、感情を表現する場所なんだと私はこのイベントについては思うんです。

マザーハウスのバッグを持ってきてくださる方も多くて、ブランドの歴史を一緒に歩いてきたお客さんだからこそ、商品の向こう側で起こっている小さくても確実な変化を自分の口から嘘偽りない事実を、伝えたいとも思っています。

(話しはちょっと変わりますが、最近、「目標」についてのブログを書いたのですが、実際に大事なのは「振り返り」なんだと人事研修で知ったのですが、個人的にはこのイベントって一年を振り返りながら、今年の自己採点の日だなあって。)

さて、日程は8月19日秋葉原、20日京都と今年は二カ所のテイストを少し変えてやっていきたいと思います。

私も久しぶりに最初にお話させて頂きますが、京都の方は結構しっかりと、「はじめまして」の自己紹介的な講演会をやりたいと思っているんです。伝統的で、モノ作りの先輩たちの多い地域で、私たち新参者の持っている価値観や考えをきちんとお話する場所にしたいと考えています。

そして、今年もバングラからサンプルマスターのモルシェドが再び日本にやってきてくれることになりました。

毎年バングラからも他国からも呼びたいスタッフは山ほどいるのですが、やっぱり新作のお披露目となると、何十回も苦しい型紙を繰り返してきた彼なしには、個人的に発表することが難しいのです。だから、是非一緒に発表させてください。

更にもうひとり、初めて日本に来るスタッフがいます。
工場長のマムンさんの右腕的存在で、2年前にマザーハウスに入社しました。

でも、実ははじめて彼と出会ったのは6年前だった。
面接の時彼が言った。
「実は4年前も受けたんです。落ちましたが。」
「へ??で、またトライしてきたの?」
「はい。マザーハウスで働きたくて。」
そんな一途なベンガル人がいることに衝撃を受けた。
彼、ド緊張すると思いますが是非闘志を見にきてください。

★イベントのお申し込みはこちらから★
https://www.mother-house.jp/event-campaign/thanks/
早割は今日までみたいです。

関連するページや商品

メッセージを送る