MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
山口絵理子の日々思うこと。

ジョグジャカルタ

2017.01.18

うーん、なかなか疲れたぞ。

ジョグジャカルタの出張が、ようやく終わり、日本に帰る飛行機を
待っている。

今回は本当に、がんばりきったな、、、って感じだ。
でも、いる時間が長いほど、やりたいことがありすぎて、
自分についていけない・・・・涙。

面白いなージュエリーって。

昨日は、ジュエリーの商品撮影までここでやった。
実は最近はジョグジャカルタで現地の植物たちと撮影している。

現地のカメラマンさんの可能性にだって
光をあてたいから、最初はだめだなーって思ったけれど、地道に
続けている。

デニス君っていうカメラマンさん。

イライラすることもあるけれど、素直な青年だ。

写真に使う植物は、知り合いのジョグジャカルタのお宅から採取(笑)
「葉っぱくださ〜い」って朝からはじまるのだ♪

「いいよ、鉢ごと持ってきな!!」って
なんとまるごとくれたのだ。

「わーーー!!!!」

そんな風景がここジョグジャでは一日に何度も訪れる。

人が本当に優しいんだ。

急いでいなくて、それでいて向上心もある。
ちょっと臆病なところがあるけれど、
しっかり、丁寧に一緒にやれば、ぐんぐん
力を発揮する素直で繊細で、素晴らしい人たちだ。

私はカリマンタンからジョグジャに帰ってきて、
「ああ、この場所が好きだなあ」って心から
思った。

そんな場所で、今は単純に、できることを増やしたい。

写真撮影まで、生産国でできるようになるなんて
本当に嬉しい。将来は印刷だってできるかもしれない。

そして、勿論『モノ。』

線細工だけじゃない素晴らしい技術の発見に
最近は夢中だ。

「やったらできた・・・・。」
「やったらすごかった・・・・。」
「やったらすごくて、感動した・・・・。」

そんなことばっかりなんだ。

毎日私の頭はドヒャー!って感じなんだけれど、
多分、周りのみんなも私の言いがかり的な提案に
ドヒャー!って感じだとは思うけどプププ。

そんなドヒャドヒャジョグジャは、
本気で急成長中。
人とモノの掛け算が素晴らしく美しい今。

もっとできる、もっとできるっていつも思わせてくれる
この国にどんどんはまっていく自分がいる。

楽しみにしててください。

メッセージを送る