MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE
モノづくりの現場からお届けする生産者便り

インド・ネパールの担当として、1年の半分以上を現地で過ごす田口ちひろ。モノづくりを職人たちのすぐそばで見つめているからこそ見える途上国の姿や、途上国駐在における心得・苦難など、リアルな声をお届けします。

コラム一覧をみる
第50回 モノづくりの現場からお届けする生産者便り

ネパールからのメリークリスマス☆

2017.12.17

メリークリスマス☆
すっかり寒くなってきましたね~!
はなれの山崎靖子です。

街を彩るクリスマスのディスプレイにほっこりと
ついつい足をとめてしまう今日この頃
はなれには、ネパールからセーターが届きました。

1年ほどをかけ大事に育まれた、カシミアのセーターは、
軽くて暖かくて、
素材の上質さを生かしたベーシックなデザインに
ディテールのオリジナリティがきらっと光ります。

早速スタッフにも着心地をきいてみました。

半年前まではスーツ勤務だったという神岡。
冬は、Tシャツに、シャツ、セーター、ジャケットを重ね、
コートを羽織りと、5枚も着ていたそうです。
(これはスーツ勤務の男性の冬の基本だとか)

はなれ限定ヤクとシルクのストールと合わせて着てみました。

s_IMG_7610

着た瞬間に、「軽い!」と驚愕!

感想をきいてみると、、、
「着ていることを忘れるかのような軽い着心地です。
シャツ・ジャケット・コートなど重ね着が増えるこの時期、
薄手で軽く、それでいて暖かいこのセーターは、
どんな装いでもさりげなく活躍してくれる相棒のような一着ですね」
とのこと。

続いては、チームで一番寒がりの米田。
s_IMG_7622

「コートの下に薄いダウンを着込んで、
それでも寒い日はカイロを貼っているくらい寒がりな私。
ですが、このセーターがあれば薄いダウンなしで外出できるほど、
暖かく着ていただけます。」
とうれしそうです。

ふわふわで、あたたかくて、手に触れた瞬間にほっとするセーター。
お店でセーターをたたむ時間は、わたしたちの至福のひとときとなっています。

はなれのほか、横浜ベイクォーター店、名古屋星が丘テラス店、大阪店など
複数のお店でごらんいただけますので、ぜひみていただけるとうれしいです。

みなさま、ステキなクリスマスをお過ごしください。

やまざき

メッセージを送る