MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
モノづくりの現場からお届けする生産者便り

インド・ネパールの担当として、1年の半分以上を現地で過ごす田口ちひろ。モノづくりを職人たちのすぐそばで見つめているからこそ見える途上国の姿や、途上国駐在における心得・苦難など、リアルな声をお届けします。

コラム一覧をみる
第43回 モノづくりの現場からお届けする生産者便り

9.14 「マザーハウスはなれ」がはじまります

2017.09.02

ナマステ、こんにちは。
ネパールカントリーマネージャーの田口です。

今日は皆さまに、
大事なお知らせをさせてください。

9月14日(木)、秋葉原にある本店のお隣の場所に、
新しく、ストールの専門店がオープンすることになりました。

170902_main_img_03

お店の名前は、「マザーハウス はなれ」。

このお店は、これから、マザーハウスの新しい可能性のたまごを育てていく、
巣のような、種から芽が出るのを見守る場所のような存在となります。

そのはじめの挑戦として、
ネパールから生まれるストールの専門店が、
9月14日(木)から始まります。

この新しい挑戦に、
誰よりも驚いているのは私なのではないかと思えるくらい、
実はまだ、にわかに信じられず、
まさかこんな日がやってくるなんて、
上の写真を見ているだけで、涙が出そうになります。

2009年から始まったネパール事業が、
生産も販売も正直なかなかうまくいかなくて、
実際に撤退の話が持ちあがったり、
私自身もいったいどうしたらいいのか、
もがき苦しんだ時間が何年も続いたので、
専門店という、夢にも近いような目標が現実になることに対して、
まだ、実感がわかないのが、正直な気持ちです。

ただひとつ、
確信をもっていえることは、
これまでネパールで生産されてきた商品をご愛用くださっている、
一人一人のお客様がいなければ、
この大きな挑戦の場に立つことは、できませんでした。

わたし自身が、
イベントやお店に立たせていただく中で、
そこで出会うお客様に、
いつも勇気をいただいてきました。

生産現場でうまくいかないことがあっても、
商品を待っててくださるお客様を想像することで、
なんとか前に進めたことが、何度もありました。

なので、この新しいスタート地点に、
立つことができたことに対して、
まず皆さまに、心からお礼をお伝えしたいです。

本当に、ありがとうございます。

はなれのお店は、ストール専門店としてスタートしますが、
これから、少しずつですが、新しいアイテムにも挑戦していきます。
(小さな種を、いまも少しずつ、まいています!
デザイナー山口が、現在新しいアイテムに挑戦しています!→ブログはこちら

ゆったりとした空間で、
楽しく安らぎを感じながら商品をみて、
ものづくりの新しい発見を感じていただけるよう、
スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

そして、
はなれオープンまでの準備は、
まだまだ絶賛進行中です!

実はちょうど昨日まで、
第2回目のファクトリー・ビジットで4名の店長さんたちが
ネパールを訪れていたのですが、
生産工房で実際に使われている、秘密の(?)道具を、
いくつか手持ちしてもらいました。

なかには、こんな大きなサイズのものも。。。
IMG_7057
一体この箱の中身は、なんでしょうか、
ぜひ、お店に直接確認しにいらしてください。

オープン当日には、
私もネパールから帰国し、お店に立たせていただきます。
(本当に、準備が間に合うか、緊迫しております!どきどき!)

マザーハウスはなれでの挑戦を、
ぜひ見守っていただけますと嬉しいです。

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

田口ちひろ

PS:次回は、はなれ店長を務める、山崎靖子がご挨拶をします。お楽しみに!

関連するページや商品

メッセージを送る