MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
モノづくりの現場からお届けする生産者便り

インド・ネパールの担当として、1年の半分以上を現地で過ごす田口ちひろ。モノづくりを職人たちのすぐそばで見つめているからこそ見える途上国の姿や、途上国駐在における心得・苦難など、リアルな声をお届けします。

コラム一覧をみる
第72回 モノづくりの現場からお届けする生産者便り

インド ロックダウン 3.0 と工房の再開!

2020.05.05

こんにちは、田口です。

今日は、こどもの日ですね。
皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

私たちにとって、今日は大きな一歩があったので、ご報告です。

インドは昨日から、2回目の延長宣言を経た、
「ロックダウン3.0」に突入しました。

IMG_3046

今回のロックダウンは、これまでと異なる点があり、
インド全土を、新型コロナ感染状況に応じて、
レッド、オレンジ、グリーンの3つのゾーンに分け、
ゾーンごとに規制の内容が異なっています。

IMG_3072
全体だとこのようなかたちです(細かすぎてわかりにくいですかね。。)
感染状況があらわれていますが、必ずしも、レッドゾーンはひとつの場所に密集しているわけではないのですね。

私たちの工房がある、西ベンガル州コルカタ市は、
残念ながらレッドゾーンとなります。

IMG_3073
↑各ゾーンで規制の違いがイラストで描かれたガイドラインです。
例えばタクシーについては、グリーンとオレンジゾーンは、
運転手+一人乗車で可能、レッドゾーンは禁止、といった違いがあります。

このガイドラインの中で、私たちに直接関係する大きな変更が一つあり、
三分の一の規模の範囲内で、企業活動の再開が許可されるようになりました。

前提として、マスクの着用やいわゆる3密を防ぐ環境での活動になりますが、
これは大きな前進です。

私たちのコルカタ工房も、
この方針に則って、今日から少しずつ、再開にむけて動き出しました。

まずは、5名のスタッフに限って、
今日ロックダウンが始まってから42日ぶりに、工房に出勤しています。

コルカタ市外で自宅待機しているスタッフは、
ゾーンをまたいで移動しなければならないため、
スヤシが事前に会社の公的な証明書を用意し、
ドライバーの名前もすべて登録して、万全の準備で、
今朝移動してきてくれたのは、ラジュ、モフィズル、アノワール。
IMG_3104

場所によっては、警官から不当な賄賂を要求される事件も聞いていたので、
無事にみんなが来れるのか、ずっと懸念していたのですが、
朝早くに移動したこともあり、トラブルなく、
元気に工房まで到着してくれました(ほっ。。)。

この三人は、2018年末に工房を立ち上げたときからいる、初期メンバー。
(村を離れてコルカタ市内に来ることに、
家族が心配して、説得が大変だったようです)

ロックダウン中も、ラジュはボイスチャットでほぼ毎日、
「日本の様子は大丈夫?」「工房にいつから行けばいい?」と、
状況を確認する連絡をくれて、
彼らのコルカタ工房に対するオーナーシップというか、
力になろうと積極的に動いてくれる姿勢に、改めて、
心強さを感じました。

※2年前のちょうど今頃は、
工房の全スタッフが無断欠勤する大ピンチを迎えていたので、
本当に、組織も人も、変化するし、日々の積み重ねが大事なのだなあと。。

この3人と、自転車で出勤可能なアイロン担当のビジョイ、
そして生産リーダーのラビの5人で、今日から、
少しずつ、コルカタチーム、再開です!

IMG_3107

カディ生地を使ったマスクを、
先日のマザーハウスTVのYoutube中継でもご紹介させていただき、
たくさんの反響をいただいたので、
作る気満々で準備をしていたのですが、衝撃の事実が。

なんと、インド政府がロックダウン中は、
布マスクも含めた、マスクの輸出を禁止していることが分かりました。。

医療用はともかく、
布マスク(材料となる生地さえも規制対象になるようです)も禁止とは、
なかなか納得できない部分もありますが、
貨物をすべて開けて厳しくチェックが入るそうで。
(お洋服のポケットに忍ばせたら、大丈夫じゃない…?とスヤシに相談したら、
「万が一見つかったら逮捕されるんだよ」と怒られました。。)

規制が緩和されてから、
安全な状態で、お届けしますので、
もうしばらく、お待ちいただければ嬉しいです。

ロックダウン3.0になって、
近所のカフェもデリバリーを再開したり、
日常生活では、ほんの少しでも、
食生活に潤いが出ると、うれしいものですね。

私も、パタンナー後藤も、
毎日元気いっぱいに過ごしていますので、
5人のスタッフと共に、前向きに、出来ることを、
精一杯頑張ります。

IMG_3051
↑社内メンバーとのZoom飲み会で、
「顔が似ている」と言われて、一緒に暮らすと似てくるのか、不思議。。

皆さまどうか、無理をせず、
お身体と気持ちもご自愛して、お過ごしください。

メッセージを送る

5 × three =