MOTHERHOUSE

12th ANNIVERSARY TALK 12th ANNIVERSARY TALK

地平線から広がる、夜明けの色彩
新しい一日のはじまりを、共に

2018 SPRING&SUMMER

yoake
yoake Bag twilight blue yoake Bag twilight blue
yoake Bag cloud blue yoake Bag cloud blue
designer's voice

私は今でも年間の半分以上を生産地を移動しながらモノづくりをしていて、国から国へ飛行機で移動する時、夜明けの時間帯を眺めることがとても好きなんです。一日の中でその時間が一番心が真っ白で、何色にもなれる空白で、純粋な時間だと思うから。昨日の夜まで背負ってきた暗い気持ちや、つらかった出来事、やまほどふりかかってきた問題や、自分に苛立ったこと。夜明けの時間はそれを一度リセットしてくれるように感じるから。暗闇から差し込む光とともに、不安から期待へ、絶望から希望へ、新しい一日という物語をまた0から歩き出そう、といつも次の国へ向かうのです。そんな気持ちをくれる「夜明け」の時間をコンセプトにつくったこの"yoake"のボストンバッグは、ずっと出張の味方をしてくれました。自分で使っていて本当に気持ちも動きも軽くしてくれたので、みなさんもぜひご覧になってみてください。

designer Eriko Yamaguchi