MOTHERHOUSE

Sarari Jute backpack

さらり麻 Jute × Cotton

バングラデシュで"黄金の糸"と呼ばれ、
マザーハウスの始まりの素材であるジュート。
創業から15周年を迎えた今年、
私たちは新しいジュートの開発に挑戦しました。
美しい織模様と、さらりと軽やかな
新感覚なジュートの可能性を
シンプルフォルムのバックパックでお届けします。

detail

素 × 織

"さらり麻(あさ)"の素材の魅力は、
その美しい織模様。
マザーハウスのジュートの中でも
最も細いものを使用し、
コットンと織り込むことで、
ヘリンボーン織りの
クラシカルなデザインに。

型 × 軽

織模様の美しさを最大限引き立てるために
たどり着いたのは、シンプルなスクエアフォルム。
やわらかな"さらり麻"の肌ざわりは
背負い心地をもっと軽やかにしてくれます。

Our history ジュートバッグの変遷

マザーハウスの歴史は代表兼デザイナー・山口絵理子が
バングラデシュでジュートの可能性に出会い、160個のバッグをつくったことが始まり。
15年の歴史の中で私たちはその可能性をお届けするために
様々なジュートの開発に挑戦してきました。

横にスクロールしてご覧いただけます。

2006~ ジュート × コットン

創業初期の頃、私たちが最初にトライしたことはジュートとコットンを織り交ぜること。そうすることで、バッグとしての耐久性があがり、豊富なカラーバリエーションをジュートで実現しました。

2014~ ウォッシュジュート

ジュートに洗い加工を施し、くたっとした質感が特徴のウォッシュジュート。使い始めからやわらかで、なめらかな肌ざわりを楽しめます。

2016~ エアリージュート

10周年を記念し、より軽さを求めて誕生したエアリージュート。ナチュラル感を残しつつ、上品な印象のジュートです。

ジュートとは

バングラデシュで黄金の糸と呼ばれているジュート(麻)。
熱帯・亜熱帯の長い植物の茎から採れる天然繊維で、古よりベンガル地方の手工業に用いられてきました。
天然素材の肌ざわりを楽しめる、エコフレンドリーな素材です。