MOTHERHOUSE

ABOUT US

MESSAGE

チーフデザイナ一 山口絵理子

代表兼チーフデザイナー 
山口絵理子からのメッセージ
MESSAGE FROM ERIKO YAMAGUCHI

貧しい国々のために何かをしたいと思いアジア最貧国であるバングラデシュに滞在した二年間。
腐った政治家がはびこっているために、援助では到底世界が良くなることは難しいと知りました。
そして一方で私達外国人を見ては、お金持ちなんだから助けてくれるだろうと手を差し伸べてくる現地の人たちを見てきました。

何が健全で持続的な方法なのか、悩んだ挙句に出した結論が「本当にお客様が満足して頂けるもの作りを途上国で行う」という、マザーハウスの事業でした。

2006年3月から始まったマザーハウスの夢への挑戦。
短い期間に何度も味わった裏切りや、絶望や、流した涙。
信頼してきた工場からの裏切りは私にとって完全に消えることのない傷となりました。
しかし、それでも理想とする社会に対する情熱は、ふつふつと胸に中に湧いていて、絶えることはありません。

いつか東京、ミラノ、パリ、ニューヨーク、颯爽と歩く女性がもっているかわいいバッグの中に『Made in Bangladesh』のラベルがある、そんなワンシーンの実現に人生の全てを賭けたいと思いました。

よりよい社会に対するアクションは、日常生活のファッションの中でも実現できる。
外見だけの価値で消費選択をする時代から、今後はモノの背景を知り、内面の美しさが求められる時代となる。そんな時代に、弊社は選ばれる企業になりたいと思うのです。
またそんな消費活動が途上国と先進国の間にある物理的、精神的な壁を自然に壊していくはずだと思っています。
途上国の現状を変えるのは援助でも国際機関でもなく、私たち消費者であること。
そのツールと成りえるプロダクトを今後も作り、お届けしていきたいと思います。

今後共マザーハウスをどうぞよろしくお願い致します。

副社長 山崎大祐

副社長 山崎大祐からのメッセージ MESSAGE FROM DAISUKE YAMAZAKI

モノにあふれた時代だからこそ、モノが為すべき役割は何なのか?
私たちが自らにといかけている問いです。

私たちの社会は既に機能面・生活面では溢れかえるほどのモノに囲まれて生きています。しかしながらそうなればなるほど、モノから心が離れ、モノの価値が下がってきているようにも思うのです。

マザーハウスをはじめてからもうすぐ10年。
バングラデシュやネパール、ラオス、インドネシアなど様々な国でモノを作ってお届けしていく中で、一緒にお仕事をさせていただいた方やお客様にたくさんのことを教えてもらいました。

モノには、新しい文化との出会いを届けてくれるチカラがあります。
モノには、誰かの個性を引き出すチカラがあります。
モノには、人と人とを繋ぐチカラがあります。

ラオスの美しい手織りの生地を見たときの感動。
乳がん経験者の方々と一緒にバッグをつくった時に感じた経験者ゆえの個性。
お客様のメッセージを生産者の皆に届けたときの誇りに溢れた笑顔。
私たちはモノづくりのチカラを信じています。何より、お客様の顔が見えるモノづくりが生産者の皆に勇気と夢を与え、生産者の顔が見えるモノづくりがお客様に安心と意味を与えます。モノを通して繋がる一本の線が、モノに関わる人たちに笑顔を生み出すのです。

まだまだ私たちのモノづくりの旅は始まったばかりです。大量生産の波にのまれ、失われつつあるモノづくりの多様性を維持するために、これからもマザーハウスは多くの国を巡り、素材や人材の可能性を探し続けます。

これからもお客様と共に、世界のモノづくりに出会う旅を続けていけたらと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。

COMPANY